excitemusic

他では見ることの出来ない大変希少な写真も多数あります。
by shibamatax
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
最新のコメント
2010年5月に打上げら..
by shibamatax at 09:06
宇宙航空研究開発機構(J..
by shibamatax at 09:10
 オリジナルデータには、..
by shibamatax at 18:53
初めまして。 いつ..
by Tukasa-gumi at 01:58
チュリュモフ・ゲラシメン..
by shibamatax at 10:03
北極域の海氷域面積は、1..
by shibamatax at 07:25
謹啓 カニ星雲銀河は小さ..
by 岡田健一 at 13:08
謹啓 1054年の客星 ..
by 岡田健一 at 13:03
欧州宇宙機関(ESA)は..
by shibamatax at 06:14
2014年1月4日、地球..
by shibamatax at 17:50
はい、どうぞ。データの出..
by shibamatax at 13:24
初めまして。いつも読ませ..
by ks at 09:41
NASAは、アイソン彗星..
by shibamatax at 23:12
 気象庁は、台風の強さを..
by shibamatax at 13:46
出所を明示して使用してく..
by shibamatax at 22:06
こんにちは!はじめまして..
by takuya at 15:38
米雪氷データセンターなど..
by shibamatax at 13:56
隕石の破片が最も早く発見..
by shibamatax at 18:09
オオカミの話を見て、こう..
by 小学生っす★ at 11:19
2013年2月15日には..
by shibamatax at 14:05
メモ帳
"秘密の世界Ⅱ"でも他の素晴らしい画像を紹介していますので、是非こちらもご覧ください。

秘密の世界Ⅱへ


人気blogランキングへ



NTTコミュニケーションズ株式会社
るす番モニター

るす番モニターへ
「るす番モニター」はおるす番中のペットの様子を、ケータイやパソコンを使って外出先から見ることができるサービスです。ただいま申し込みでもれなくWEBカメラ+抽選でペットグッズが当たるプレゼント、またクイズに答えて沖縄旅行が当たるキャンペーン実施中です

最新のトラックバック
自然
from エコ
ライフログ
検索
タグ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


タグ:マーズ・エクスプレス ( 10 ) タグの人気記事

火星探査機マーズ・エクスプレスが捉えた渦巻く北極の様子

 ESAの火星探査機マーズ・エクスプレス(Mars Eapress)は、火星の北極の美しく渦巻くドライアイス(二酸化炭素)の層を捉えました。この北極を覆っているドライアイスは、北極に拡がる水の氷の上に1mほど積もって出来ています。
 北極の氷は、一年中風にさらされているので、渦状に形がなったと考えられています。
 写真は、2017年初頭にマーズ・エクスプレスによって捉えられたものです。
 画像クリックで拡大します。
 
d0063814_15332133.jpg

スカパー!

冬の5大テーマ祭り「韓流・華流」をもっと見る

[PR]
by shibamatax | 2017-12-20 15:34 | 惑星・衛星 | Trackback | Comments(0)

火星の赤道近くのクレーターの中にある不思議な爪痕状の白い地表

 火星の赤道付近は多くのクレーターがあります。写真1は、南緯8.0度、東経25.1度の地点にある直径90kmのクレーターで、ESAの火星探査機マーズ・エクスプレス(Mars Eapress)が、2004年12月25日に撮影した画像です。クレーターの中に不思議な形をした白い地表が見えます。
 写真2は、NASAの火星探査機マーズオデッセイ(Mars Odyssey)が、2004年6月2日に撮影したものです。
 写真3は、写真2の白い爪のような地域のズームアップです。
 写真4は、マーズ・エクスプレスが撮影した白い爪のような地域の複数枚の画像を合成、解析して3D化したものです。この不思議な白い爪のような地表構造は、炭酸ガスや水の氷ではなく火山活動が影響したのではないかと考えられています。


source:ESA,NASA

秘密の世界Ⅱへ

人気ブログランキングへ


d0063814_10344283.jpg
d0063814_10341234.jpg
d0063814_10515078.jpg
d0063814_10521022.jpg

[PR]
by shibamatax | 2016-02-16 10:49 | 惑星・衛星 | Comments(0)

火星探査機マーズ・エクスプレスが捉えた太古に水が流れた跡

 ESAの火星探査機マーズ・エクスプレス(Mars Eapress)は、火星の南半球の赤道の近くにあるオーロラ・ケイオス(Aurorae Chaos)とガンジス・カズマ(Ganges Chasma)がある地域を2015年7月16日に詳細に撮影しました。
 写真のオーロラ・ケイオスは一部分ですが、全体では長さ710kmもある大きな窪地で、深さは周りのの大地より深いところでは4.8km程低くなっています。太古にオーロラ・ケイオスやガンジス・カズマを流れた水は、北半球にある太陽系で最大のマリネリス渓谷(Valles Marineris)に流れ込んだと考えられています。この写真が撮影された位置は、火星の南緯8度、東経320度の地点です。
 写真2は、写真1の位置を示すものです。写真3は写真1の中央左側部分のズームアップで、水の流れた跡が分かります。写真4は写真1の右上部分のズームアップで、こちらも水の流れた跡が分かります。


source:ESA

秘密の世界Ⅱへ

人気ブログランキングへ

d0063814_15315501.jpg
d0063814_15333222.jpg
d0063814_15321717.jpg
d0063814_15525204.jpg

[PR]
by shibamatax | 2015-12-03 15:34 | 惑星・衛星 | Trackback | Comments(2)

火星探査機マーズ・エクスプレスが捉えた火星の不思議な地形Hebes Mansaの巨大な陥没地形

 火星の巨大な地溝帯のヘベス谷(Hebes Chasma)は、太陽系最大の渓谷であるマリネリス渓谷の北約300kmにあります。ヘベス谷は、長さは東西315km、幅は南北125kmの大きさがあり、最も深い底面の深さは周囲の平原より約8000mも下にあります。
 写真は、ESAの火星探査機マーズ・エクスプレス(Mars Eapress)が捉えたヘベス谷の中にある山脈であるヘベス丘(Hebes Mansa)の一部で、高い所はヘベス谷の底面から5000mあります。
 す。
 ヘベス丘の末端には、不思議な巨大な陥没した地形が見えます。写真下は、陥没部分の拡大画像です。
 画像クリックで拡大します。

source:ESA,NASA

秘密の世界Ⅱへ

人気ブログランキングへ

d0063814_13123799.jpg


d0063814_1313843.jpg

[PR]
by shibamatax | 2014-08-13 13:13 | 惑星・衛星 | Trackback | Comments(0)

マーズ・エクスプレスが捉えた火星の巨大な地溝帯Hebes Chasma

 火星の大渓谷マリネリス渓谷の北約300kmには、巨大な地溝帯Hebes Chasmaがあります。Hebes Chasmaは、東西315km、南北125kmの大きさがあり、最も深い底面の深さは周囲の平原より約8000mも下にあります。
 写真は、ESAの火星探査機マーズ・エクスプレス(Mars Eapress)が、2004年5月2日と2005年9月16日及び2006年7月12日と2008年1月3日、1月8日、1月13日、11月11日そして2009年8月24日に撮影した画像を合成したものです。
 Hebes Chasmaの特異な地形は、大地の陥没と太古に存在した水による浸食と数億年に亘る風による浸食によって出来たと考えられています。
 Hebes Chasmaの中心は、火星の南緯1度、東経284度の地点にあります。
 画像クリックで拡大します。

source:ESA,NASA

秘密の世界Ⅱへ

人気ブログランキングへ


d0063814_1450527.jpg

[PR]
by shibamatax | 2013-10-16 14:51 | 惑星・衛星 | Trackback | Comments(0)

マーズ・エクスプレスが捉えた火星のベクレルクレーター

 火星の北半球にあるアラビア大地(Arabia Terra)と名付けられた地域で最大のクレーターは、直径167kmのベクレルクレーター(Bequerel crater)です。
  写真は、ESAの火星探査機マーズ・エクスプレス(Mars Eapress)が、2006年7月22日と2008年2月26日及び3月2日と7日に撮影した画像を合成したものです。
 ベクレルクレーターの最も低い所は、アラビア大地の平均面より3500m低くなっています。
 ベクレルクレーターの中にある中央峰は、高さがベクレルクレーターの底面から1000mあり、数十億年の浸食によって表面が削られています。
 ベクレルクレーターは、35~38億年位前には大量の水が蓄えられていた巨大なクレーター湖だったと考えられています。 
 ベクレルクレーターは、火星の北緯22度、東経352度の地点にあります。
 画像クリックで拡大します。

source:ESA

秘密の世界Ⅱへ

人気ブログランキングへ


d0063814_17143191.jpg


d0063814_1713139.jpg

[PR]
by shibamatax | 2013-10-02 17:15 | 惑星・衛星 | Trackback | Comments(0)

マーズ・エクスプレスが捉えた神秘的なフォボスと火星の最新画像

 ESAの火星探査機マーズ・エクスプレスは、神秘的なフォボスと火星の姿を捉えました。
 フォボスは、火星のもう一つの衛星ダイモスより大きく、じゃがいも型で22×21×19kmの大きさがあります。フォボスの地表面は太陽系の衛星の中で最も反射率が低く、黒っぽい衛星に見えます。フォボスは、火星から近い軌道を公転していることから、火星の重力によって5000万年位後に崩壊すると考えられています。
 写真上は、マーズ・エクスプレスが2010年11月に撮影したフォボスと火星の最新画像です。
 写真下は、フォボスのズームアップ画像です。
 画像クリックで拡大します。

SOURCE:ESA,NASA
秘密の世界Ⅱへ

d0063814_1475346.jpg


d0063814_1483950.jpg

[PR]
by shibamatax | 2010-12-02 14:09 | 惑星・衛星 | Trackback | Comments(0)

マーズ・エクスプレスが撮影した火星のサイドニア地域

 火星の人面岩は、サイドニア(シドニア)地域と呼ばれる変化に富んだ地形が見られるところにあります。このような地形は、太古に起きた大規模な地殻変動や浸食によってもたらされたと考えられています。写真上は、ESAのマーズ・エクスプレスが上空から撮影した火星のサイドニア地域で幅は約50kmです。人面岩は右下にあります。写真下はズームUP画像です。
 ※画像クリックで拡大します。

d0063814_9453321.jpg


d0063814_9462425.jpg


SOURCE:ESA

人気blogランキングへ

d0063814_8484970.gif


[PR]
by shibamatax | 2006-09-29 09:46 | 惑星・衛星 | Trackback | Comments(1)

火星の人面岩のクローズUP写真

 火星の人面岩は、1976年にNASAの火星探査機バイキング1号によって初めて撮影されて世界的に大反響を呼びました。下の写真は、2003年12月に火星の周回軌道に載ったESAの火星探査機マーズ・エクスプレスが撮影した人面岩です。この画像は、デジタル処理によって3次元イメージにしたものです。
 こうして見ると残念ですが、人面には見えません。写真下は、クローズUP画像です。
 ※画像クリックで拡大します。

d0063814_9275815.jpg


d0063814_9345939.jpg

SOURCE:ESA

人気blogランキングへ

d0063814_8484970.gif


[PR]
by shibamatax | 2006-09-27 09:28 | 惑星・衛星 | Trackback | Comments(0)

太陽系で最大の大きさを誇る火星の火山、オリンパス山

 火星のオリンパス山の高さは、24000m、そして山の裾野の直径は550kmもあります。
 写真上は、太陽系で最大の大きさを誇る火星の火山"オリンパス山"で、1978年7月に火星の周回軌道からバイキング1号(Viking1)が撮影しました。
 オリンパス山のカルデラの最大直径は80kmで、カルデラの深さは3000mです。
 欧州宇宙機構(ESA)は、2003年6月に火星探査機マーズ・エキスプレス(Mars Express)を打ち上げ、2003年12月に火星の周回軌道に乗せました。
 写真下は、マーズ・エキスプレスが火星上空273kmからオリンパス山を撮影したものです。

d0063814_1851086.jpg

d0063814_0533517.jpg


SOURCE:NASA
SOURCE:ESA
[PR]
by shibamatax | 2005-07-03 18:53 | 惑星・衛星 | Trackback | Comments(2)