excitemusic

他では見ることの出来ない大変希少な写真も多数あります。
by shibamatax
ICELANDia
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28
カテゴリ
以前の記事
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
最新のコメント
2010年5月に打上げら..
by shibamatax at 09:06
宇宙航空研究開発機構(J..
by shibamatax at 09:10
 オリジナルデータには、..
by shibamatax at 18:53
初めまして。 いつ..
by Tukasa-gumi at 01:58
チュリュモフ・ゲラシメン..
by shibamatax at 10:03
北極域の海氷域面積は、1..
by shibamatax at 07:25
謹啓 カニ星雲銀河は小さ..
by 岡田健一 at 13:08
謹啓 1054年の客星 ..
by 岡田健一 at 13:03
欧州宇宙機関(ESA)は..
by shibamatax at 06:14
2014年1月4日、地球..
by shibamatax at 17:50
はい、どうぞ。データの出..
by shibamatax at 13:24
初めまして。いつも読ませ..
by ks at 09:41
NASAは、アイソン彗星..
by shibamatax at 23:12
 気象庁は、台風の強さを..
by shibamatax at 13:46
出所を明示して使用してく..
by shibamatax at 22:06
こんにちは!はじめまして..
by takuya at 15:38
米雪氷データセンターなど..
by shibamatax at 13:56
隕石の破片が最も早く発見..
by shibamatax at 18:09
オオカミの話を見て、こう..
by 小学生っす★ at 11:19
2013年2月15日には..
by shibamatax at 14:05
メモ帳
"秘密の世界Ⅱ"でも他の素晴らしい画像を紹介していますので、是非こちらもご覧ください。

秘密の世界Ⅱへ


人気blogランキングへ



NTTコミュニケーションズ株式会社
るす番モニター

るす番モニターへ
「るす番モニター」はおるす番中のペットの様子を、ケータイやパソコンを使って外出先から見ることができるサービスです。ただいま申し込みでもれなくWEBカメラ+抽選でペットグッズが当たるプレゼント、またクイズに答えて沖縄旅行が当たるキャンペーン実施中です

最新のトラックバック
自然
from エコ
ライフログ
検索
タグ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:惑星・衛星( 213 )

火星探査車オポチュニティーが最後に捉えた火星の画像

 オポチュニティーは、NASAによって200377日に打ち上げられ、2004124日に火星に無事着陸し、その後探査を続けていました。

 オポチュニティーは、201861日から吹き荒れた火星の巨大砂嵐の影響で、ソーラー・パネルに太陽光線を十分に受けることが出来なくなり、2018610日の地球との通信が最後の通信となってしまいました。

 NASAは、2019214日をもって、約15年間の火星探査車オポチュニティーのミッションを終了いたしました。

 オポチュニティーは、その開発者の予想をはるかに超えて火星の地表で活動し、着陸後2011年末にまでに34.4㎞を走行し、ミッション終了までに計45㎞を走行しました。
 写真は、オポチュニティーが20186月撮影した複数枚の画像を合成した最後の火星の画像です。
 撮影地は、エンデバークレーター(Endeavour Crater)の近くにある忍耐谷(Perserverance Valley)と呼ばれている所
です。

 

 

source:NASA
秘密の世界Ⅱへ

人気ブログランキングへ


d0063814_10334405.jpg



by shibamatax | 2019-02-16 10:37 | 惑星・衛星 | Trackback | Comments(0)

金星探査機マゼランが捉えた金星の表面と地球の比較

 NASAによって、1989年5月4日の打上げられた金星探査機マゼラン(Magellan spacecraft)は、1990年8月10日に金星の周回軌道に載り、1994年10月12日まで金星の表面をレーダーを使用して観測を行いました。
 金星は、厚い雲に覆われているために地球上の望遠鏡や探査機から通常の光で地表を見ることが出来ません。
 金星探査機マゼランは、レーダーで金星の表面の約98%を100mの解像度で捉えました。
 写真左は、マゼランが捉えた金星の地表の多数の画像を合成したものです。
 写真右は、金星の実際の大きさと地球の大きさを比較するために並べたものです。
 画像クリックで拡大します。 


d0063814_16355980.jpg


by shibamatax | 2019-02-10 16:36 | 惑星・衛星 | Trackback | Comments(0)

ニュー・ホライズンズが捉えた太陽系外縁天体ウルティマ・トゥールの美しい姿

 2006年1月19日に打上げられたNASAの探査機ニュー・ホライズンズ(New Horizons)は、2019年1月1日には、エッジワース・カイパーベルト内の太陽系外縁天体ウルティマ・トゥール(Ultima and Thule)に近付き、28000kmの距離からその姿を撮影することに成功しました。
 写真は、2019年1月1日に撮影されたもっとも解像度の高い画像です。
  ウルティマ・トゥールは、全体の長径が30kmある雪だるま型の天体で、大きい方が直径19km(ウルティマ)(Ultima)、小さい方が直径14km(トゥール)(Thule)です。
 

d0063814_15421977.jpg

by shibamatax | 2019-01-29 15:44 | 惑星・衛星 | Trackback | Comments(0)

火星探査装置インサイトが捉えた火星の地表とインサイトの自画像

 NASAの最新の火星探査装置インサイト(Insight)は、20181126日に無事火星のエリシウム平原(Elysium planitia)に着陸し、その後順調に探査を行っています。

 写真は、インサイトが火星の地表に着陸後にしてからインサイトのアームに設置してあるカメラを使い撮影された複数枚の画像を合成したもので、鮮明な火星の地表とインサイト自身が移っています。

 インサイトは、他の火星探査車のように地表を動き回ることはできません。着陸地点の地表の下を掘り火星の内部を探査することが一番の目的となっています。



by shibamatax | 2019-01-22 12:09 | 惑星・衛星 | Trackback | Comments(0)

小惑星探査機オシリス・レックスが捉えた小惑星ベンヌの神秘的な姿

NASAの小惑星探査機オシリス・レックス(OSIRIS-REx)は、2016年9月に打ち上げられ、220万kmの航行を経て2018年12月3日に地球近傍小惑星であるベンヌ(101955Bennu)から19kmの地点に到達しました。
 写真は、オシリス・レックスが2018年12月2日にベンヌから24km離れた所から撮影した12枚の画像を合成したベンヌの神秘的な姿です。ベンヌの平均直径は560mです。

by shibamatax | 2018-12-14 11:23 | 惑星・衛星 | Trackback | Comments(0)

木星探査機ジュノーが捉えた木星の美しい画像

 NASAによって2011年8月5日に打ち上げられた木星探査機ジュノー(Juno)は、2016年7月5日に木星の極軌道に乗り、その後大きな楕円の極軌道のまま周回を続けています。現在、ジュノーは木星の極軌道を少しづつずらしながら、一周53日の楕円軌道で回っています。
 写真はジュノーが、2018年の前半に14回目の周回中に捉えた木星の美しい画像です。木星の美しい縞や渦の色は、アンモニアやハイドロサルファイド(亜ジチオン酸)などの影響によるものと考えられています。
 画像の色は、コンピュータ処理によって強調されています。
 画像クリックで拡大します。



SOURCE:NASA

秘密の世界Ⅱへ

人気ブログランキングへ


d0063814_10211503.jpg

by shibamatax | 2018-11-24 10:22 | 惑星・衛星 | Trackback | Comments(0)

2018年の火星の逆行

 地球から見る火星は通常は日々西から東に移動しますが、地球が火星よりも太陽に近い所を早い角速度で公転している為に約22か月毎に一度、火星が東から西に逆行運動する時があります。

 2018731日に地球と火星との距離は5,759万キロメートルまで近付き、2003年の大接近以来の近い距離の大接近となりました。この時の火星はマイナス2.8等の明るさで輝き、視直径は24秒角を超えました。

 写真は、20184下旬(写真右下)から2018年1月5日(写真左上)に移動する火星を同じ場所から同じ時刻に撮影したもので、火星の逆行の様子がよくわかります。写真は、5日間から9日間の間隔を開けて撮影されたものを合成しています。

 画像クリックで、拡大して見ることが出来ます。



d0063814_18084622.jpg

by shibamatax | 2018-11-09 18:10 | 惑星・衛星 | Trackback | Comments(0)

火星探査機マーズ・リコネッサンスオービーターが捉えたオポチュニティの姿

 火星の地表には、3か月以上前から惑星規模の巨大な砂嵐が吹きまくり、地表には、太陽の光線がほとんど届かない状況でした。そのため火星探査車オポチュニティ(Opportunity)は、太陽電池に充電が出来ず115火星日も地球と交信が出来ませんでした。
 写真は、NASAの火星探査機マーズ・リコネッサンスオービーター(Mars Reconnaissance Orbiter)(MRO)が、2018年9月20日に捉えた火星のエンデバークレーター(Endeavour Crator)の西側のリム周辺を撮影したものです。
 白い線で囲まれた枠内の中心にオポチュニティの姿が捉えられています。白い線の一辺は、47mあります。
 撮影時この地域の地表では、太陽光線量が通常の約25%でした。
 画像クリックで拡大します。


d0063814_10595226.jpg
d0063814_11001908.jpg





by shibamatax | 2018-10-05 11:00 | 惑星・衛星 | Trackback | Comments(0)

はやぶさ2から離された小型ローバ、小惑星りゅうぐうに着陸成功

 2018年9月21日、JAXAの小惑星探査機はやぶさ2(Hayabusa2)から二機の小型ローバが切り離され、無事小惑星りゅうぐう(162173Ryugu)に着陸し、探査を行いました。二機の小型ローバは、ミネルバ-Ⅱ-1A(MINERVA-Ⅱ-1A)とミネルバ-Ⅱ-1B(MINERVA-Ⅱ-1B)と名付けられています。
 りゅうぐうは、地球近傍小惑星で、直径は700mです。
 写真上は、9月21日にミネルバ-Ⅱ-1Bが撮影したもので、りゅうぐうの地表が写っています。左上の明るい光は太陽光線によるものです。
 写真下は、9月22日にミネルバ-Ⅱ-1Aがホッピング中に撮影したもので、りゅうぐうの地表が写っています。

by shibamatax | 2018-09-25 10:43 | 惑星・衛星 | Trackback | Comments(0)

ハッブル宇宙望遠鏡が捉えた土星の北極に出現したオーロラ

 土星のオーロラは、土星の自転や自転軸の太陽に対する角度の変化だけではなく、土星の衛星の公転運動によっても変化する土星の磁気圏の動きによってもその姿は変化します。
 写真は、ハッブル宇宙望遠鏡が2017年9月に自然光と紫外線で撮影した複数枚の画像を合成したもので、土星の北極に出現した美しい巨大なオーロラです。
 写真の色は擬似カラーです。
 画像をクリックすると拡大して見ることが出来ます。

SOURCE:NASA




by shibamatax | 2018-09-07 20:50 | 惑星・衛星 | Trackback | Comments(0)