excitemusic

他では見ることの出来ない大変希少な写真も多数あります。
by shibamatax
ICELANDia
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28
カテゴリ
以前の記事
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
最新のコメント
2010年5月に打上げら..
by shibamatax at 09:06
宇宙航空研究開発機構(J..
by shibamatax at 09:10
 オリジナルデータには、..
by shibamatax at 18:53
初めまして。 いつ..
by Tukasa-gumi at 01:58
チュリュモフ・ゲラシメン..
by shibamatax at 10:03
北極域の海氷域面積は、1..
by shibamatax at 07:25
謹啓 カニ星雲銀河は小さ..
by 岡田健一 at 13:08
謹啓 1054年の客星 ..
by 岡田健一 at 13:03
欧州宇宙機関(ESA)は..
by shibamatax at 06:14
2014年1月4日、地球..
by shibamatax at 17:50
はい、どうぞ。データの出..
by shibamatax at 13:24
初めまして。いつも読ませ..
by ks at 09:41
NASAは、アイソン彗星..
by shibamatax at 23:12
 気象庁は、台風の強さを..
by shibamatax at 13:46
出所を明示して使用してく..
by shibamatax at 22:06
こんにちは!はじめまして..
by takuya at 15:38
米雪氷データセンターなど..
by shibamatax at 13:56
隕石の破片が最も早く発見..
by shibamatax at 18:09
オオカミの話を見て、こう..
by 小学生っす★ at 11:19
2013年2月15日には..
by shibamatax at 14:05
メモ帳
"秘密の世界Ⅱ"でも他の素晴らしい画像を紹介していますので、是非こちらもご覧ください。

秘密の世界Ⅱへ


人気blogランキングへ



NTTコミュニケーションズ株式会社
るす番モニター

るす番モニターへ
「るす番モニター」はおるす番中のペットの様子を、ケータイやパソコンを使って外出先から見ることができるサービスです。ただいま申し込みでもれなくWEBカメラ+抽選でペットグッズが当たるプレゼント、またクイズに答えて沖縄旅行が当たるキャンペーン実施中です

最新のトラックバック
自然
from エコ
ライフログ
検索
タグ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:宇宙・星雲・星団( 148 )

カシオペア座のチコの超新星爆発痕

 カシオペア座の方向に、チコの超新星爆発痕と呼ばれる美しい星雲があります。この星雲の名は、有名な天文学者チコ・ブラーエが、15721111日、この超新星爆発痕の元となる超新星(SN1572)を発見したことからから名付けられています。SN1572の爆発痕は、地球から12000光年の距離にあります。

 現在、SN1572の元の恒星を見ることは出来ませんが、その爆発痕が星雲となって見えるのです。
 写真は、チャンドラーX線宇宙望遠鏡(ChandraX-ray Observatory)3種類の波長のX線を使用して撮影した画像を合成したものです。

 

SOURCENASA


d0063814_13505966.jpg




by shibamatax | 2019-01-14 13:51 | 宇宙・星雲・星団 | Trackback | Comments(0)

カシオペア座の魂星雲IC1848の中心部にある星形成領域IC1871

 カシオペア座とペルセウス座の境界線にある魂星雲(the Soul Nebula)IC1848は、W5とも呼ばれています。IC1848は、地球から6500光年の距離にあり、その美しく輝くガスと塵の広がりは差し渡し100光年もある巨大な散光星雲です。

 写真は、IC1848の中心部でIC1871と呼ばれる新しい星が誕生している星形成領域です。
 画像の色はコンピューター処理されています。


source:NASA
秘密の世界Ⅱへ


人気ブログランキングへ


d0063814_18363078.jpg


by shibamatax | 2018-12-02 14:50 | 宇宙・星雲・星団 | Trackback | Comments(0)

 南天の大マゼラン雲の美しいタランチュラ星雲NGC2070

 南天の大マゼラン雲の中のタランチュラ星雲(NGC2070)は、大きな星生成領域を持つことでも知られています。タランチュラ星雲は、30 Doradusとも名付けられている散光星雲です。NGC2070は、地球から18万光年の距離にあり、差し渡しの大きさは1000光年もある巨大な星雲です。
 星雲の中央にある明るい星が数多く集まっている場所は、新しい星が生成されている所でR136と呼ばれてる散開星団です。
 写真は画像クリックで拡大します。





d0063814_17155570.jpg




by shibamatax | 2018-11-18 17:16 | 宇宙・星雲・星団 | Trackback | Comments(0)

白鳥座の超新星爆発痕W63

 白鳥座の超新星爆発痕W63は、地球から5000光年の距離にあり、その直径は150光年もあります。W63は、15000年前に著新生爆発を起こした恒星の痕跡です。
 社孫は、100時間かけて撮影された12枚の画像を合成したものです。

by shibamatax | 2018-11-05 11:19 | 宇宙・星雲・星団 | Trackback | Comments(0)

カシオペア座の星雲IC59とIC63

 カシオペア座の方向にある星雲IC59(左側)とIC63(右側)は、地球から600光年の距離にあります。この二つの星雲は、わずか3光年から4光年離れたところにある恒星ガンマカス(Gamma Cas)のエネルギー放射の影響を強く受けています。ガンマカスは、この画像の枠外ですが、画像の右上あたりに存在しています。
 写真は、IC59とIC63の距離で、左右10光年の範囲です。
d0063814_10225034.jpg

by shibamatax | 2018-10-29 10:23 | 宇宙・星雲・星団 | Trackback | Comments(0)

オリオン座のオリオン大星雲とバーナード・ループ

 冬の星座オリオン座には、オリオン大星雲の他にも多くの星雲が集まっています。写真の中央右にあるオリオン座の三ツ星が並んでいます。三ツ星は、上からミンタカ(Mintaka)、アルニラム(Alnilam)、アルニタク(Alnitak)と名付けられています。三ツ星の右側には、オリオン大星雲M42があります。アルニタクの左下にある青白く輝く美しい散光星雲は、M78です。

 オリオン座の三ツ星の下方に大きく弧を描く赤色のループは、バーナード・ループと呼ばれている巨大な散光星雲です。200万年前の超新星の爆発痕です。
 M42M78及びバーナード・ループは、地球から1500光年の距離にあります。
 画像をクリックすると拡大して見えます。






d0063814_17443279.jpg


by shibamatax | 2018-10-15 17:59 | 宇宙・星雲・星団 | Trackback | Comments(0)

みなみのかんむり座の美しい反射星雲NGC6726、NGC6727、NGC6729、IC4812

 みなみのかんむり座にある美しい反射星雲NGC6726、NGC6727、NGC6729、IC4812は、地球から500光年の距離にあります。写真中央右にある明るい青い反射星雲のNGC6726とNGC6727は、2つの星雲が繋がっているように見えます。この星雲の上にある小さな薄ピンク色の星雲がNGC6729です。NGC6726とNGC6727の左側にある青い反射星雲がIC4812です。
 写真をクリックすると拡大します。





d0063814_21542465.jpg

by shibamatax | 2018-09-22 11:38 | 宇宙・星雲・星団 | Trackback | Comments(0)

ハッブル宇宙望遠鏡が捉えた大マゼラン雲の中の球状星団NGC2108

 南天の大マゼラン雲(the Large Magellanic Cloud)は、カジキ座の方向にあり、地球から16万光年離れたところにあります。ハッブル宇宙望遠鏡は、大マゼラン雲の中にある球状星団NGC2108を鮮明に捉えました。
 写真中央右側にあるNGC2108の中には、赤色巨星でもある炭素星(恒星の大気構成元素が、酸素より炭素の方が多い星をいう。)が数多く存在しています。
 写真は、ハッブル宇宙望遠鏡が、異なる3種類のフィルターを使用して捉えた画像を合成したものです。
 画像クリックで拡大します。
 



d0063814_16193928.jpg

 


by shibamatax | 2018-08-18 16:24 | 宇宙・星雲・星団 | Trackback | Comments(0)

ほ座の細長いペンシル星雲NGC2736

 ほ座のペンシル星雲(The Pencil Nebula)(NGC2736)は、地球から800光年の距離にあり、その長さは5光年あります。ペンシル星雲は、鳥の羽の先に鉛筆の芯を付けた古い鉛筆の形からその名が付けられています。ペンシル星雲は、地球からはエッジオンの形で見ています。
 ペンシル星雲は、ほ座の端にある巨大なベラ超新星残骸の一部です。ベラ超新星残骸は、差し渡しの大きさが110光年もある巨大な超新星の爆発痕で、我々の天の川銀河の中にあります。
 ベラ超新星残骸は、11000年前に巨大な恒星が大爆発した後の姿で、中心にはパルサーがあります。このパルサーは、ベラ・パルサー(Vela Palsar)と呼ばれています。
 画像クリックで拡大します。

SOURCE:NASA

秘密の世界Ⅱへ

人気ブログランキングへ

※「ベラ超新星残骸」の記事へ

d0063814_11224046.jpg

by shibamatax | 2018-08-14 11:23 | 宇宙・星雲・星団 | Trackback | Comments(0)

ハッブル宇宙望遠鏡が捉えたみずがめ座の変光星R Aquarii

 みずがめ座の変光星であるみずがめ座R星(R Aquarii)は、地球から710光年の距離にあります。みずがめ座R星は、ミラ型変光星の赤色巨星と白色矮星からなる二重星で、白色矮星の表面の強い重力によって引き寄せられた赤色巨星の周縁物質が数百年に一度新星爆発を起こしています。1770年代にこのみずがめ座R星の新星爆発が観測されています。
 赤色巨星の強烈な輝きによって、自然光では白色矮星を見ることは出来ません。
 写真は、ハッブル宇宙望遠鏡が捉えたもので、周縁物質の広がりは約1光年あります。
 画像クリックで拡大します。


SOURCE:NASA

秘密の世界Ⅱへ

人気ブログランキングへ



d0063814_15540347.jpg


by shibamatax | 2018-07-14 15:58 | 宇宙・星雲・星団