excitemusic

他では見ることの出来ない大変希少な写真も多数あります。
by shibamatax
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
最新のコメント
2010年5月に打上げら..
by shibamatax at 09:06
宇宙航空研究開発機構(J..
by shibamatax at 09:10
 オリジナルデータには、..
by shibamatax at 18:53
初めまして。 いつ..
by Tukasa-gumi at 01:58
チュリュモフ・ゲラシメン..
by shibamatax at 10:03
北極域の海氷域面積は、1..
by shibamatax at 07:25
謹啓 カニ星雲銀河は小さ..
by 岡田健一 at 13:08
謹啓 1054年の客星 ..
by 岡田健一 at 13:03
欧州宇宙機関(ESA)は..
by shibamatax at 06:14
2014年1月4日、地球..
by shibamatax at 17:50
はい、どうぞ。データの出..
by shibamatax at 13:24
初めまして。いつも読ませ..
by ks at 09:41
NASAは、アイソン彗星..
by shibamatax at 23:12
 気象庁は、台風の強さを..
by shibamatax at 13:46
出所を明示して使用してく..
by shibamatax at 22:06
こんにちは!はじめまして..
by takuya at 15:38
米雪氷データセンターなど..
by shibamatax at 13:56
隕石の破片が最も早く発見..
by shibamatax at 18:09
オオカミの話を見て、こう..
by 小学生っす★ at 11:19
2013年2月15日には..
by shibamatax at 14:05
メモ帳
"秘密の世界Ⅱ"でも他の素晴らしい画像を紹介していますので、是非こちらもご覧ください。

秘密の世界Ⅱへ


人気blogランキングへ



NTTコミュニケーションズ株式会社
るす番モニター

るす番モニターへ
「るす番モニター」はおるす番中のペットの様子を、ケータイやパソコンを使って外出先から見ることができるサービスです。ただいま申し込みでもれなくWEBカメラ+抽選でペットグッズが当たるプレゼント、またクイズに答えて沖縄旅行が当たるキャンペーン実施中です

最新のトラックバック
宇宙の神秘的な秩序
from 哲学はなぜ間違うのか?
ライフログ
検索
タグ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


タグ:火星 ( 79 ) タグの人気記事

火星探査車キュリオシティが調査、撮影した火星の岩

 NASAの最新の火星探査車キュリオシティ(Curiosity)は、2012年8月6日に火星に着陸後、現在でも順調に探査を続けています。
 写真は、キュリオシティが2017年9月17日にゲールクレーター(Gale Crater)の中央峰であるシャープ山(Mount Sharp)の山麓にあるベラ・ルビン尾根(Vera Rubin Ridge)と呼ばれる地域で調査した平らな岩の表面です。
 岩の表面が長円形に綺麗になっているのは、キュリオシティに搭載されているツールで岩の表面の砂や塵が掃除されたためです。この長円形の長径は6cmです。この岩は、ヘマタイト(Hematite)(赤鉄鉱)であることが分かりました。
 写真の色は、地球で日中見た時と同じ色になるようにカラー調整されています。
 画像クリックで拡大します。
d0063814_16053306.jpg
 
[PR]
by shibamatax | 2017-11-15 16:06 | 惑星・衛星 | Trackback | Comments(0)

火星探査車キュリオシティが捉えた火星の不思議な小さな丘アイルソンヒル

 NASAの最新の火星探査車キュリオシティ(Curiosity)は、2012年8月6日に火星に着陸後約5年が経ちますが、順調に探査を続けています。
 写真は、キュリオシティが2017年2月2日にゲールクレーター(Gale Crater)の中央峰であるシャープ山(Mount Sharp)の山麓にあるバグノルド砂丘地帯(The Bangnold Dune Field)と呼ばれる広大な地域の中にあるアイルソンヒル(Ireson Hill)と名付けられている小さな不思議な丘です。アイルソンヒルは、高さが5mで麓の幅が15mあり、表面が暗い色をした岩砂と明るい色をした岩砂でできており、どのようにしてこのような2種類の色の岩砂が丘を作ったか謎となっています。
 写真上は、キュリオシティが捉えた41枚の画像を合成したものです。写真下は、写真上の中央部分のズームアップです。
 画像クリックで拡大します。


SOURCE:NASA

秘密の世界Ⅱへ

人気ブログランキングへ

d0063814_17385934.jpg





d0063814_17382700.jpg

[PR]
by shibamatax | 2017-07-27 17:40 | 惑星・衛星 | Trackback | Comments(0)

マーズ・リコネッサンス・オービーターが捉えた火星の穴

 NASAの火星探査機マーズ・リコネッサンス・オービーター(Mars Reconnaissance Orbiter)(MRO)は、火星の地表に珍しい穴を捉えました。写真の右上にある大きな穴は、直径が100mあります。どのようにしてこの穴が出来たかは、分かっていません。このような穴の中にある洞窟には、生命がいる可能性があると考えられています。地表の白っぽい平らな部分は、二酸化炭素が凍結してドライアイス状になっているところです。写真の色は実際の色とは異なる疑似カラーです。
[PR]
by shibamatax | 2017-06-13 18:37 | 惑星・衛星 | Trackback | Comments(0)

マーズ・リコネッサンス・オービーターが捉えた火星の変わった地形

 NASAの火星探査機マーズ・リコネッサンスオービーター(Mars Reconnaissance Orbiter)(MRO)は、火星の南極地域で変わった姿をした地形を捉えました。
 これらの地形は、ドライアイスで出来ていると考えられています。火星の南極に降り注ぐドライアイスの雪は、マイナス130℃くらいと考えられています。なお、画像の色は実際の色とは異なる疑似カラーです。
 画像クリックで拡大します。

[PR]
by shibamatax | 2017-01-15 16:03 | 惑星・衛星 | Trackback | Comments(0)

火星探査機マーズ・リコネッサンスオービーターが火星の南極で捉えたクモの巣状の不思議な地形

 NASAの火星探査機マーズ・リコネッサンスオービーター(Mars Reconnaissance Orbiter)は、火星の南極地域でクモの巣状の不思議な地形を捉えました。
 このクモの巣のような不思議な地形がどのようにして出来たかは分かっていません。
 

[PR]
by shibamatax | 2016-11-02 17:16 | 惑星・衛星 | Trackback | Comments(0)

マーズ・リコネッサンスオービーターが捉えた火星の水が流れた跡

 NASAの火星探査機マーズ・リコネッサンスオービーター(Mars Reconnaissance Orbiter)は、火星のLetha Vallisと名付けられている広大な地域の一部を撮影し、太古に溶岩の流失によってできた地形を確認しました。
 この地域は、2011年にも火星探査機によって観測されており、その時には太古に大量の水の流れによってできたと考えられる砂丘のような地形が確認されてています。
 写真は、マーズ・リコネッサンスオービーターが2016年5月6日に撮影したLetha Vallisの一部です。 
 写真左側のクレーターの周りにリング状になっているところが溶岩の流出によってできた地形です。大量の水の流れがあったことが、写真左下から右上へ流体が流れた跡から良く分かります。
 


[PR]
by shibamatax | 2016-09-26 22:29 | 惑星・衛星 | Trackback | Comments(0)

火星探査車キュリオシティが捉えた火星のナミブ砂丘の様子

 NASAの最新の火星探査車キュリオシティ(Curiosity)は、2012年8月6日に火星に着陸後も順調に探査を続けています。
 写真は、キュリオシティが2016年12月にシャープ山(Mount Sharp)の山麓にあるバグノルド砂丘地帯(The Bangnold Dune Field)と呼ばれる広大な地域の中にあるナミブ砂丘(Namib Dune)の一部を撮影したものです。砂丘を構成する成分の違いから砂や岩の色が大きく異なっているのが分かります。砂丘そのものは地球上で見られる砂丘と良く似ています。
 写真の色は、この場所を地球で見た時の自然なカラーに調整してあります。
 写真1は、キュリオシティが撮影した複数枚の連続画像を合成したものです。
 写真2は、写真1の左側部分のズームアップです。
 写真3は、写真1の中央部分のズームアップです。 
 写真4は、写真1の右側部分のズームアップです。

 SOURCE:NASA

秘密の世界Ⅱへ

人気ブログランキングへ


d0063814_16154066.jpg

d0063814_16163239.jpg


d0063814_16172587.jpg

d0063814_16180759.jpg





[PR]
by shibamatax | 2016-07-27 16:18 | 惑星・衛星 | Trackback | Comments(0)

ハッブル宇宙望遠鏡が捉えた火星の最新画像

 火星の地球への最接近は、2016年5月31日にあり、火星は地球に7528万kmまで近付きます。火星の地球への最接近は約780日毎に廻ってきますが、これほど近付くのは2005年11月20日の最接近以来です。 写真は、ハッブル宇宙望遠鏡が2016年5月12日に捉えたもので、この時地球と火星の距離は8046万kmでした。2016年5月22日には、太陽、地球、火星が一直線に並びました。


 source:NASA
秘密の世界Ⅱへ


人気ブログランキングへ

d0063814_17362651.jpg
d0063814_17370091.jpg

[PR]
by shibamatax | 2016-05-31 17:37 | 惑星・衛星

火星探査機マーズ・グローバル・サーベイヤーが捉えた奇妙なクレーター

 NASAによって1996年11月7日に打上げられた火星探査機マーズ・グローバル・サーベイヤー(Mars Global Surveyor)は、1997年9月11日に火星の周回軌道に載り、2006年11月2日までの間に約20万枚の火星の写真を撮りました。
 写真は、マーズ・グローバル・サーベイヤーが捉えた火星の直径461kmもある巨大なスキアパレリ・クレーター(Schiaparelli Crater)内の底面の北部にある直径2.3kmの小型クレーターです。
 この小型クレーターの底面には、他のクレーターには見られない同心円状の数多くの風紋が写し出されています。
 この同心円状の風紋は、太古にクレーター内に溜まっていた水が、段階的に水位を下げ風の作用も相まってこのような風紋状の模様を残したものと考えられています。 写真中は、写真上の右側部分のズームアップ画像です。
 写真下は、南緯2.5度、東経16.5度に位置するスキアパレリ・クレーターです。
 

[PR]
by shibamatax | 2016-05-16 15:07 | 惑星・衛星 | Trackback | Comments(0)

火星の赤道近くのクレーターの中にある不思議な爪痕状の白い地表

 火星の赤道付近は多くのクレーターがあります。写真1は、南緯8.0度、東経25.1度の地点にある直径90kmのクレーターで、ESAの火星探査機マーズ・エクスプレス(Mars Eapress)が、2004年12月25日に撮影した画像です。クレーターの中に不思議な形をした白い地表が見えます。
 写真2は、NASAの火星探査機マーズオデッセイ(Mars Odyssey)が、2004年6月2日に撮影したものです。
 写真3は、写真2の白い爪のような地域のズームアップです。
 写真4は、マーズ・エクスプレスが撮影した白い爪のような地域の複数枚の画像を合成、解析して3D化したものです。この不思議な白い爪のような地表構造は、炭酸ガスや水の氷ではなく火山活動が影響したのではないかと考えられています。


source:ESA,NASA

秘密の世界Ⅱへ

人気ブログランキングへ


d0063814_10344283.jpg
d0063814_10341234.jpg
d0063814_10515078.jpg
d0063814_10521022.jpg

[PR]
by shibamatax | 2016-02-16 10:49 | 惑星・衛星 | Comments(0)