excitemusic

他では見ることの出来ない大変希少な写真も多数あります。
by shibamatax
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
最新のコメント
2010年5月に打上げら..
by shibamatax at 09:06
宇宙航空研究開発機構(J..
by shibamatax at 09:10
 オリジナルデータには、..
by shibamatax at 18:53
初めまして。 いつ..
by Tukasa-gumi at 01:58
チュリュモフ・ゲラシメン..
by shibamatax at 10:03
北極域の海氷域面積は、1..
by shibamatax at 07:25
謹啓 カニ星雲銀河は小さ..
by 岡田健一 at 13:08
謹啓 1054年の客星 ..
by 岡田健一 at 13:03
欧州宇宙機関(ESA)は..
by shibamatax at 06:14
2014年1月4日、地球..
by shibamatax at 17:50
はい、どうぞ。データの出..
by shibamatax at 13:24
初めまして。いつも読ませ..
by ks at 09:41
NASAは、アイソン彗星..
by shibamatax at 23:12
 気象庁は、台風の強さを..
by shibamatax at 13:46
出所を明示して使用してく..
by shibamatax at 22:06
こんにちは!はじめまして..
by takuya at 15:38
米雪氷データセンターなど..
by shibamatax at 13:56
隕石の破片が最も早く発見..
by shibamatax at 18:09
オオカミの話を見て、こう..
by 小学生っす★ at 11:19
2013年2月15日には..
by shibamatax at 14:05
メモ帳
"秘密の世界Ⅱ"でも他の素晴らしい画像を紹介していますので、是非こちらもご覧ください。

秘密の世界Ⅱへ


人気blogランキングへ



NTTコミュニケーションズ株式会社
るす番モニター

るす番モニターへ
「るす番モニター」はおるす番中のペットの様子を、ケータイやパソコンを使って外出先から見ることができるサービスです。ただいま申し込みでもれなくWEBカメラ+抽選でペットグッズが当たるプレゼント、またクイズに答えて沖縄旅行が当たるキャンペーン実施中です

最新のトラックバック
宇宙の神秘的な秩序
from 哲学はなぜ間違うのか?
ライフログ
検索
タグ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


タグ:マーズ・リコネッサンス・オービター ( 19 ) タグの人気記事

マーズ・リコネッサンス・オービターが捉えた火星の砂丘の最新画像

 NASAの火星探査機マーズ・リコネッサンス・オービター(Mars Reconnaisasance Orbiter)は、2014年1月24日に火星の南半球の高地にあるクレーターの内側にある砂丘を捉えました。
 この写真の撮影時、太陽は火星の地表から5度上がったところにいました。その為砂丘の影は長くなっています。砂丘の上に白く見えるのは、二酸化炭素の霜と考えられます。
 写真の撮影範囲は左右で1.5kmです。

SOURCE:NASA
秘密の世界Ⅱへ

人気ブログランキングへ


d0063814_16114585.jpg

[PR]
by shibamatax | 2014-03-24 16:12 | 惑星・衛星 | Trackback | Comments(0)

火星の不思議な形をした大砂丘

 火星の北半球の北緯24.2度、東経341.2度にあるMawrth Vallisと呼ばれる一帯は不思議な形をした砂丘が多くあります。
 写真は、Mawrth Vallisの近くにあるクレーターの中にある砂丘で、V字型をしています。一定方向からの風が砂を運びこのような姿になったと考えられています。
 写真は、火星探査機マーズ・リコネッサンス・オービター(Mars Reconnaissance Orbiter)が、2013年12月30日に撮影したものです。

 SOURCE:NASA
秘密の世界Ⅱへ

人気ブログランキングへ

d0063814_16205179.jpg

[PR]
by shibamatax | 2014-02-20 16:20 | 惑星・衛星 | Trackback | Comments(0)

マーズ・リコネッサンス・オービターが捉えた火星の不思議な直線群がある砂丘

 NASAの火星探査機マーズ・リコネッサンス・オービター(Mars Reconnaisasance Orbiter)は、2006年11月16日に火星の南半球にあるラッセル・クレーター(Lussel Crater)の内側にある砂丘の斜面に不思議な直線群を捉えました。
 この砂丘の斜面に出来た不思議な直線群は、火星の季節の初春時期に冬の間に斜面に出来たドライアイスの氷が昇華することによって、溝が形成されたものと考えられています。この不思議な溝のうち最も長いものは、2kmあります。
 ラッセル・クレーターは、南緯54.2度、東経12.9度の所にあります。

SOURCE:NASA
秘密の世界Ⅱへ

人気ブログランキングへ

d0063814_151151.jpg

[PR]
by shibamatax | 2013-10-07 14:59 | 惑星・衛星 | Trackback | Comments(0)

マーズ・リコネッサンス・オービターが捉えた火星の竜巻のような巨大なつむじ風

 NASAの火星探査機マーズ・リコネッサンス・オービター(Mars Reconnaisasance Orbiter)は、2012年3月14日に火星の地表に現れた竜巻のような巨大なつむじ風を捉えました。
 撮影時の火星の北半球は春の終わりの時期で、火星の地表が太陽によって暖められて、上昇気流が発生しつむじ風が起きやすくなっています。
 撮影地点は、火星の北半球にあるアマゾニス平原(Amazonis Planitia)と呼ばれているところです。
 この大きなつむじ風は直径は70m、高さは20000mもあります。
 画像クリックで拡大します。

SOURCE:NASA
秘密の世界Ⅱへ

人気ブログランキングへ

d0063814_8424534.jpg

[PR]
by shibamatax | 2012-11-04 08:49 | 惑星・衛星 | Trackback | Comments(0)

火星探査機マーズ・リコネッサンス・オービターが捉えた火星探査車キュリオシティのパラシュート降下の様子

 NASAの火星探査機マーズ・リコネッサンス・オービターは、2012年8月6日に火星の周回軌道から火星のゲールクレーター(Gale Crater)内に着陸するためにパラシュートで降下中の火星探査車キュリオシティ(Curiosity)を撮影しました。
 写真は、マーズ・リコネッサンス・オービターによって撮影されたものです。
 写真下は、パラシュートで降下中のキュリオシティのズームアップです。

source:NASA
秘密の世界Ⅱへ

人気ブログランキングへ


d0063814_16364711.jpg


d0063814_16422632.jpg

[PR]
by shibamatax | 2012-09-10 16:36 | 惑星・衛星 | Trackback | Comments(0)

マーズ・リコネッサンス・オービターが捉えた火星探査車キュリオシティ

 NASAの火星探査機マーズ・リコネッサンス・オービターは、火星の周回軌道から2012年8月6日に火星のゲールクレーター(Gale Crater)内に着陸したNASAの火星探査車キュリオシティ(Curiosity)とその周辺の様子を撮影しました。
 写真は、キュリオシティの着陸後の8月11日から12日にかけてマーズ・リコネッサンス・オービターによって撮影されたものです。なお、カラー画像の色は疑似カラーとなっています。
 写真上は、着陸したキュリオシティとキュリオシティが着陸する際に噴出した降下用ロケットのガスによって、表土が飛ばされて周辺の表土とは組成が変わっている地表の様子が写っています。
 写真中は、着陸したキュリオシティの着陸サイトとキュリオシティの右下に最初の目的地であるGlenelgが見えます。
 写真下は、マーズ・リコネッサンス・オービターによって撮影された複数枚の画像を合成したものです。キュリオシティの着陸地周辺の様子を捉えています。

source:NASA
秘密の世界Ⅱへ

人気ブログランキングへ


d0063814_793744.jpg



d0063814_7133249.jpg



d0063814_714452.jpg

[PR]
by shibamatax | 2012-08-26 07:14 | 惑星・衛星 | Trackback | Comments(0)

マーズ・リコネッサンス・オービターが捉えた火星の奇妙な地表の模様

 マーズ・リコネッサンス・オービターは、火星の冬の終わりの北極の地表に出来た奇妙な美しい景色を撮影しました。
 写真のクモのように見える白色の部分は、火星の北極に積もった二酸化炭素の氷(ドライアイス)が、冬の終わりとともに一部分が昇華して蒸発した後の様子です。
 画像の色は、色の変化を強調するために疑似カラーとなっています。
 画像クリックで拡大します。

source:NASA
秘密の世界Ⅱへ

人気ブログランキングへ


d0063814_15481511.jpg

[PR]
by shibamatax | 2012-06-19 15:48 | 惑星・衛星 | Trackback | Comments(0)

マーズ・リコネッサンス・オービターが捉えた火星の南極の美しい景色

 マーズ・リコネッサンス・オービターは、2011年7月下旬に火星の夏の終わりの南極の美しい景色を撮影しました。
 写真の白く見えるところは、二酸化炭素が凍っているドライアイスのところで、各窪地の金色の帯状に見えるところは、夏の間に太陽によって暖められてドライアイスが蒸発して地表が現れた所です。
 火星の冬の間に、大気中の炭酸ガスが再び凍って、南極地方はドライアイスに覆われます。 写真中央にある小さな丸い窪地の直径は60mあります。
 このような南極地方の窪地がどのように出来たかは謎となっています。
 写真下は、写真上の中央部分のズームアップです。
 画像クリックで拡大します。

source:NASA
秘密の世界Ⅱへ

人気ブログランキングへ

d0063814_1140591.jpg


d0063814_11414865.jpg

[PR]
by shibamatax | 2011-09-27 11:34 | 惑星・衛星 | Trackback | Comments(0)

マーズ・リコネッサンス・オービターが撮影した火星の不思議な形のクレーター

 マーズ・リコネッサンス・オービターは、2010年1月29日に火星のアラビア地区(Arabia Terra)と呼ばれる所で不思議な形の小さなクレーターを撮影しました。
 写真の撮影範囲は、左右600mで、中心にあるクレーターは直径が250mあります。このクレーターは、凹形ではなく凸形のクレーターになっており、隕石の衝突後に地殻から出てきた溶岩等で埋まっていると考えられています。クレーターの周りにある砂丘は、火星で普通に見られる玄武岩の砂で出来ていると考えられています。
 撮影場所は、火星の北緯3度、東経5度の地点で、季節は火星の春です。
 写真下は、写真上の中央部のズームアップ画像です。なお、写真の色は擬似カラーですので、実際の色とは異なります。
 画像クリックで拡大します。

source:NASA
秘密の世界Ⅱへ

d0063814_14204482.jpg


d0063814_14212613.jpg

[PR]
by shibamatax | 2010-03-11 14:23 | 惑星・衛星 | Trackback | Comments(0)

マーズ・リコネッサンス・オービターが捉えた火星の奇妙な谷

 マーズ・リコネッサンス・オービターは、太陽系最大の火山である火星のオリンポス山の北西に広がる450万平方KmのDiacria quadrangle と名付けられた地域にある長さ700kmのアケロン谷(Acheron Fossae)で奇妙な風景を撮影しました。
 写真は、マーズ・リコネッサンス・オービターが撮影したアケロン谷の一部で、黒色の物質が数百メートルに渡って流れて模様を作っているような奇妙な風景です。
 どのようにして谷の斜面にこのような模様が出来たのか未だ分かっていません。
 写真下は、写真上の中央部のズームアップ画像です。
 画像クリックで拡大します。

source:NASA
秘密の世界Ⅱへ

d0063814_15205087.jpg


d0063814_1521359.jpg

[PR]
by shibamatax | 2010-03-02 15:21 | 惑星・衛星 | Trackback | Comments(0)