excitemusic

他では見ることの出来ない大変希少な写真も多数あります。
by shibamatax
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
最新のコメント
2010年5月に打上げら..
by shibamatax at 09:06
宇宙航空研究開発機構(J..
by shibamatax at 09:10
 オリジナルデータには、..
by shibamatax at 18:53
初めまして。 いつ..
by Tukasa-gumi at 01:58
チュリュモフ・ゲラシメン..
by shibamatax at 10:03
北極域の海氷域面積は、1..
by shibamatax at 07:25
謹啓 カニ星雲銀河は小さ..
by 岡田健一 at 13:08
謹啓 1054年の客星 ..
by 岡田健一 at 13:03
欧州宇宙機関(ESA)は..
by shibamatax at 06:14
2014年1月4日、地球..
by shibamatax at 17:50
はい、どうぞ。データの出..
by shibamatax at 13:24
初めまして。いつも読ませ..
by ks at 09:41
NASAは、アイソン彗星..
by shibamatax at 23:12
 気象庁は、台風の強さを..
by shibamatax at 13:46
出所を明示して使用してく..
by shibamatax at 22:06
こんにちは!はじめまして..
by takuya at 15:38
米雪氷データセンターなど..
by shibamatax at 13:56
隕石の破片が最も早く発見..
by shibamatax at 18:09
オオカミの話を見て、こう..
by 小学生っす★ at 11:19
2013年2月15日には..
by shibamatax at 14:05
メモ帳
"秘密の世界Ⅱ"でも他の素晴らしい画像を紹介していますので、是非こちらもご覧ください。

秘密の世界Ⅱへ


人気blogランキングへ



NTTコミュニケーションズ株式会社
るす番モニター

るす番モニターへ
「るす番モニター」はおるす番中のペットの様子を、ケータイやパソコンを使って外出先から見ることができるサービスです。ただいま申し込みでもれなくWEBカメラ+抽選でペットグッズが当たるプレゼント、またクイズに答えて沖縄旅行が当たるキャンペーン実施中です

最新のトラックバック
宇宙の神秘的な秩序
from 哲学はなぜ間違うのか?
ライフログ
検索
タグ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


タグ:ネコ科 ( 15 ) タグの人気記事

南アメリカ大陸の小さなヤマネコ、ジャガーネコ

 南アメリカ大陸で最も小さなヤマネコであるジャガーネコは、海外ではタイガーキャット(Tiger cat)またはオンシラ(Oncilla)と呼ばれています。
 ジャガーネコは、アマゾン川流域に広く生息していますが、その生息数は少なく絶滅危惧種に指定されています。ジャガーネコは、肉食でネズミなどの小さな哺乳類やトカゲ、昆虫などを捕食しています。
 ジャガーネコの成獣の大きさは、体長38~60cm、尾長24~40cmで、体重は1.5~3.0kg程です。ジャガーネコの大きさはイエネコと同じくらいですが、体が細身の為に体長の割に体重は軽くなっています。
 ジャガーネコとイエネコを掛け合わせると、繁殖力のない子供が生まれます。
 画像クリックで拡大します。


source:Phil Slosberg
秘密の世界Ⅱへ


人気ブログランキングへ


d0063814_16083512.jpg

d0063814_16090995.jpg

d0063814_16095228.jpg



[PR]
by shibamatax | 2016-05-11 16:10 | 生物 | Trackback | Comments(0)

厳しい環境の砂漠にすむスナネコ

 スナネコ(Sand Cat)は、アフリカおよび西アジア、中央アジアの厳しい環境の砂漠に生息している小型のネコ科の肉食獣です。
 スナネコの大きさは、体長39~52cm、それに尾長が23~31cmで体重は1.4~3.2kgとイエネコと同じくらいの大きさです。スナネコは、体の大きさの割に尾が長く、また左右の耳の間が開いているという特徴があります。スナネコは夜行性で、ネズミやトカゲ、昆虫などを主に捕食します。スナネコの足の裏は肉球にも毛が生えており、熱い砂の上を歩けるようになっています。
 スナネコは、準絶滅危惧種に指定されています。
 画像クリックで拡大します。

  SOURCE:Ami 211,Wildlife Online

秘密の世界Ⅱへ

人気ブログランキングへ

d0063814_1634495.jpg


d0063814_16352585.jpg


d0063814_16353970.jpg

[PR]
by shibamatax | 2013-05-16 16:35 | 生物 | Trackback | Comments(0)

アフリカ大陸に広く住むサーバルキャット

 ネコ科の中では中型クラスであるサーバルキャット(Serval cat)は、アフリカ大陸の中央部のナイジェリアやスーダン等から最南端の南アフリカまでの草原や湿った森林等に広く生息しています。
 サーバルキャットの大きさは体長70~100㎝、それに尾が25~45㎝あり、体重は9~18㎏程あります。
 サーバルキャットは、ノネズミやノウサギ、鳥類等を好んで捕食します。肉食であるサーバルキャットの性質はヒョウやライオンと同様に攻撃的で荒く、時には人を襲うこともあり、近づくことは危険です。サーバルキャットは、生まれた時から飼うと飼い主には馴れ、ペットとして飼育されるケースもあります。
 大きな耳とヒョウのような美しい毛皮が特徴のサーバルキャットですが、その美しい毛皮を狙っての密猟によって年々その生息数が減少しています。
 
source:Neva in 2012,vanbikkel,Travellers Worldwide


秘密の世界Ⅱへ

人気ブログランキングへ


d0063814_2020158.jpg


d0063814_20202723.jpg


d0063814_20205135.jpg

[PR]
by shibamatax | 2012-04-25 20:23 | 生物 | Trackback | Comments(1)

世界で一番小さなヤマネコ、クロアシネコ

 足の裏が黒色のため名付けられたクロアシネコ(Black footed cat)は、世界で一番小さなヤマネコで、その大きさはオスの成獣の平均的な体重で1.9kg、メスはさらに一回り小さく1.6㎏しかありません。クロアシネコは、イエネコを含めても最も小さなネコ科の一種です。
 クロアシネコは、南アフリカ共和国、ナミビア、ボツワナのナミブ砂漠やカラハリ砂漠の周辺やサバンナ地帯に生息していますが、その生息数は少なく絶滅危惧種に指定されています。
 クロアシネコは、体は小さくても敏捷で攻撃的な性質を持っており、攻撃的な人に対しては身を守るために人に向かって行くこともあります。クロアシネコは、鳥や小型の爬虫類、野ウサギ、ネズミなどを主に捕食しています。
 なお、クロアシネコはヤマネコですが、分類上、ライオンやトラ、ジャガー、ヒョウ、チーターなどの猛獣以外の大型の野生ネコをヤマネコと呼び、クロアシネコのように小さな種を野生ネコと呼ぶ場合があります。
 画像クリックで拡大します。

source:mjzoogirl,Mrgult



秘密の世界Ⅱへ

人気ブログランキングへ


d0063814_964322.jpg


d0063814_975771.jpg

[PR]
by shibamatax | 2012-03-28 09:06 | 生物 | Trackback

南北アメリカ大陸に広く生息するピューマ

 ピューマ(Puma)は、クーガー(cougar)、アメリカライオン(America lion)とも呼ばれているネコ科の猛獣で、北アメリカ大陸のロッキー山脈や南アメリカ大陸の最南端まで広く生息しています。
 ピューマは、南北アメリカ大陸に広く生息していることから絶滅危惧種には指定されていませんが、地域によっては絶滅している所もあります。
 ピューマは、生息地域によってその大きさは大きく異なり、雄の成獣では体長100~180cm、尾長60~85cm、体重は65~120kgで、ヒョウと同じくらいの体格をしています。雌は同じ生息地域の雄よりも一回りほど小型です。 ピューマの幼獣には、ヒョウのような斑点模様があります。
 ピューマは、主にシカやウサギなどの草食獣を捕らえて食物としています。ピューマの寿命は、自然界では12年ほど、飼育下ではその2倍ほどあります。
 ピューマは分類学上は、ライオンやトラなどのヒョウ亜科ではなくヤマネコやイエネコと同じネコ亜科に分類されており、ネコ亜科では最大種となっています。
 画像クリックで拡大します。

source:Martincho L,victor+秘密の世界Ⅱへ

人気ブログランキングへ

d0063814_10355820.jpg


d0063814_10365947.jpg

[PR]
by shibamatax | 2011-10-06 10:37 | 生物 | Trackback | Comments(0)

世界のネコのルーツ、リビヤヤマネコ

 世界のネコ(イエネコ)のルーツは、アフリカ大陸や中近東に広く生息するリビヤヤマネコ(学名:Felis silvestris lybica)です。リビヤヤマネコは、別名アフリカン・ワイルドキャット(african wildcat)、デザート・キャット(desert cat)とも呼ばれています。
 リビヤヤマネコの体の大きさは、体長45~75cm、それに尾長が20~40cmで、体重は3~6.5kgあります。リビヤヤマネコは、野ネズミやトカゲ、鳥そして昆虫などを捕食しています。
 リビヤヤマネコは、化石の調査から13万年前には亜種から分かれていたとされています。人間の愛玩動物としては、1万年前には飼われていたことが分かっています。
  近年行われたDNA解析でも、リビアヤマネコがイエネコのルーツであることが証明されています。
 写真は、アフリカで撮影された自然の中で生息しているリビヤヤマネコです。
 画像クリックで拡大します。
 
source:wild web africa, kristofor & rebekah, elsie vanderwalt

秘密の世界Ⅱへ

人気ブログランキングへ


d0063814_9442070.jpg


d0063814_9451959.jpg


d0063814_9545034.jpg

[PR]
by shibamatax | 2011-06-23 09:45 | 生物 | Trackback | Comments(0)

絶滅危惧種となっているウンピョウ

 ネコ科の肉食獣であるウンピョウ(雲豹)(Clouded Leopaed)は、体の毛の模様が豹柄模様ではなく、雲がいくつも並んでいる様な形をしていることから名付けられています。
 ウンピョウの今日の生息地は、ユーラシア大陸の東南アジアと東ヒマラヤに限られており、かつて生息していたボルネオ島やスマトラ島、台湾では毛皮を狙った密猟等によって既に絶滅していると考えられています。
 現在の生息地においても野生のウンピョウの目撃例は少ないことから、全体の生息数は把握されていませんが、絶滅危惧種に指定されています。
 ヒョウの中では小型のウンピョウは、大型のヤマネコくらいの大きさで、体長は60~110cm、尾長が55~90cm、体重は11~20kgです。 
 写真下は、スミソニアン・ナショナル動物園で誕生したウンピョウの赤ちゃんです。
 画像クリックで拡大します。

SOURCE:bobdole369 b,brandy_lee,Smithsonian's National Zoo c
秘密の世界Ⅱへ

d0063814_10554986.jpg


d0063814_10562345.jpg


d0063814_10565324.jpg

[PR]
by shibamatax | 2011-01-13 10:56 | 生物 | Trackback | Comments(0)

南北アメリカ大陸に生息する美しいオセロット

 ヒョウに似た毛皮を持つオセロット(Ocelot)は、南アメリカの熱帯雨林を中心に、中央アメリカそして北アメリカ南部のテキサス州まで広い範囲に生息していますが、その美しい毛皮の為に乱獲に会い、生息数は少なく絶滅危惧種に指定されています。
 オセロットの成獣の体長は、尾を除き70~90cm、体重は11~16kg程です。
 オセロットは、ネコ科にしては珍しく泳ぎが得意なことでも知られています。

 画像クリックで拡大します。

source: studiod_baltico
秘密の世界Ⅱへ

d0063814_10535158.jpg

d0063814_10572835.jpg

[PR]
by shibamatax | 2010-04-13 10:53 | 生物 | Trackback | Comments(3)

ネコ科の猛獣で最も美しいユキヒョウ

 ユキヒョウ(Snow Leopard)は、ネコ科の猛獣で最も美しい毛皮を持つ事で、密漁により生存数は少なく、現在の生息数は4000~7000頭位と推定されており、絶滅危惧種に指定されています。
 ユキヒョウは、ロシア中南部から中央アジアのあるたいアルタイ山脈、天山山脈、ヒマラヤ山脈等の山岳地帯に広く生息しており、夏季は高さ6000m位のところ、冬季には2000m位のところで生息しています。
 ユキヒョウの成獣の体長は1.2~1.5m、体重は個体差が大きく27~75kgあります。ユキヒョウは、長い尾でバランスを取りながら強靭な脚で崖の上から獲物に飛び掛り仕留めます。ユキヒョウの脚の肉球部分には毛が生えており、雪の上や氷の上を歩きやすくしています。
画像クリックで拡大します。

SOURCE:ianmichaelthomas,tammyig41
秘密の世界Ⅱへ

d0063814_11213892.jpg


d0063814_11222351.jpg

[PR]
by shibamatax | 2009-02-23 11:50 | 生物 | Trackback | Comments(0)

絶滅の危機に瀕しているイベリアオオヤマネコ

 イベリア半島に生息するイベリアオオヤマネコ(Iberian Lynx)(別名:スペインオオヤマネコ)は、野生種の生息数が115頭未満と推定されており、絶滅の危惧に瀕しています。イベリアオオヤマネコはネコ科の中型種で、成獣の体長は100cm、体重15~25kg位になります。
 イベリアオオヤマネコは、ノウサギやノネズミ等を餌としていますが、主な餌としているノウサギが開発による繁殖地の減少によって激減したことが、イベリアオオヤマネコが減った大きな原因の一つと考えられています。イベリアオオヤマネコは、絶滅危惧種に指定されています。
  ※画像クリックで拡大します。

SOURCE:Javier Taibo,WTO,SpArkle
秘密の世界Ⅱへ


人気ブログランキングへ
 
d0063814_2120711.jpg

 
d0063814_21214048.jpg

 
d0063814_21232874.jpg

[PR]
by shibamatax | 2008-12-26 21:23 | 生物 | Trackback | Comments(0)