excitemusic

他では見ることの出来ない大変希少な写真も多数あります。
by shibamatax
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
最新のコメント
2010年5月に打上げら..
by shibamatax at 09:06
宇宙航空研究開発機構(J..
by shibamatax at 09:10
 オリジナルデータには、..
by shibamatax at 18:53
初めまして。 いつ..
by Tukasa-gumi at 01:58
チュリュモフ・ゲラシメン..
by shibamatax at 10:03
北極域の海氷域面積は、1..
by shibamatax at 07:25
謹啓 カニ星雲銀河は小さ..
by 岡田健一 at 13:08
謹啓 1054年の客星 ..
by 岡田健一 at 13:03
欧州宇宙機関(ESA)は..
by shibamatax at 06:14
2014年1月4日、地球..
by shibamatax at 17:50
はい、どうぞ。データの出..
by shibamatax at 13:24
初めまして。いつも読ませ..
by ks at 09:41
NASAは、アイソン彗星..
by shibamatax at 23:12
 気象庁は、台風の強さを..
by shibamatax at 13:46
出所を明示して使用してく..
by shibamatax at 22:06
こんにちは!はじめまして..
by takuya at 15:38
米雪氷データセンターなど..
by shibamatax at 13:56
隕石の破片が最も早く発見..
by shibamatax at 18:09
オオカミの話を見て、こう..
by 小学生っす★ at 11:19
2013年2月15日には..
by shibamatax at 14:05
メモ帳
"秘密の世界Ⅱ"でも他の素晴らしい画像を紹介していますので、是非こちらもご覧ください。

秘密の世界Ⅱへ


人気blogランキングへ



NTTコミュニケーションズ株式会社
るす番モニター

るす番モニターへ
「るす番モニター」はおるす番中のペットの様子を、ケータイやパソコンを使って外出先から見ることができるサービスです。ただいま申し込みでもれなくWEBカメラ+抽選でペットグッズが当たるプレゼント、またクイズに答えて沖縄旅行が当たるキャンペーン実施中です

最新のトラックバック
宇宙の神秘的な秩序
from 哲学はなぜ間違うのか?
ライフログ
検索
タグ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2011年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

マーズ・リコネッサンス・オービターが捉えた火星の南極の美しい景色

 マーズ・リコネッサンス・オービターは、2011年7月下旬に火星の夏の終わりの南極の美しい景色を撮影しました。
 写真の白く見えるところは、二酸化炭素が凍っているドライアイスのところで、各窪地の金色の帯状に見えるところは、夏の間に太陽によって暖められてドライアイスが蒸発して地表が現れた所です。
 火星の冬の間に、大気中の炭酸ガスが再び凍って、南極地方はドライアイスに覆われます。 写真中央にある小さな丸い窪地の直径は60mあります。
 このような南極地方の窪地がどのように出来たかは謎となっています。
 写真下は、写真上の中央部分のズームアップです。
 画像クリックで拡大します。

source:NASA
秘密の世界Ⅱへ

人気ブログランキングへ

d0063814_1140591.jpg


d0063814_11414865.jpg

[PR]
by shibamatax | 2011-09-27 11:34 | 惑星・衛星 | Trackback | Comments(0)

小惑星探査機ドーンが捉えた小惑星ベスタの南極

 2011年7月15日に小惑星ベスタ(Vesta)の周回軌道に載った小惑星探査機ドーン(Dawn)は、2011年9月にベスタの南極を撮影しました。
 ベスタの南極は巨大なクレーターの周りに幾重もの同心円状の層状構造や多くの小さなクレーターが見られます。
 ベスタは、長径530km、短径468kmもある大きな小惑星で、現在地球から1億8800万kmのところにあります。ベスタはその大きさから、将来準惑星として分類される可能性があります。
 ドーンは、2012年7月までベスタの観測を行い、その後ベスタと同じ小惑星帯の準惑星ケレス( Ceres)に向かい、2015年2月にケレスに到着する予定となっています。なお、ケレスの直径は952kmあります。
 画像クリックで拡大します。

source:NASA
秘密の世界Ⅱへ

人気ブログランキングへ


d0063814_9542050.jpg

[PR]
by shibamatax | 2011-09-21 09:54 | 惑星・衛星 | Trackback | Comments(0)

こぎつね座のコートハンガー星団と美しいガラッド彗星(C/2009p1)

 こぎつね座のコートハンガー星団(Cr399)は、その形がハンガーに似ていることから名付けられたです。Cr399は、地球からの距離は420光年で比較的近くにある散開星団です。Cr399の右側にある星々の集まりは、Cr399とは別の散開星団でNGC6802と名付けられています。
 写真は、2011年9月10日に撮影されたもので、Cr399の上に美しいガラッド彗星( Garradd C/2009p1)が捉えられています。
 画像クリックで拡大します。

source:NASA
秘密の世界Ⅱへ

人気ブログランキングへ


d0063814_215812.jpg

[PR]
by shibamatax | 2011-09-13 20:57 | 彗星 | Trackback | Comments(0)

ルナー・リコネッサンス・オービターが捉えたアポロの足跡の最新画像

 NASAによって2009年6月に打ち上げられた月探査機ルナー・リコネッサンス・オービター(the Luner Reconnaissance Orbiter)(LRO)は、2011年になってこれまでの月面から50km上空の軌道から大きな楕円軌道に変えて、月面から最短21kmの軌道に巧みに誘導され、これまでにない多くの鮮明な画像を得ました。
 画像の中のdescent stageは、各アポロ着陸船の着陸位置です。ALSEP Equipmentは、各アポロ着陸船の宇宙飛行士が月面に設置してきた計測機器です。astronaut footpathは、宇宙飛行士の足跡のことです。LRVはアポロ15号から使用された月面車(moon buggy)のことで、写真4では月面車(LRV)のわだちをはっきりと見ることが出来ます。
 画像クリックで拡大します。


 写真1は、LROが2011年8月に撮影したアポロ12号の着陸地点の様子です。2009年のものより鮮明になっています。1969年11月14日に月面に着陸したアポロ12号は、1967年4月に月面に着陸したサーベイヤー3号から200mしか離れていない所に正確に着陸しました。画像クリックでサーベイヤー3も確認できます。

 
d0063814_15124778.jpg
 

 写真2は、LROが2009年に撮影したアポロ12号の着陸地点の様子です。
d0063814_15314386.jpg


 写真3は、LROが2011年8月に撮影したアポロ14号の着陸地点の様子です。アポロ14号は1971年1月31日に月面に着陸しました。
d0063814_15323339.jpg


 写真4は、LROが2011年8月に撮影したアポロ17号の着陸地点の様子です。2009年のものより鮮明になっています。人類を乗せた最期の月着陸船となったアポロ17号は1972年12月7日に月面に着陸しました。
d0063814_15332442.jpg


 写真5は、LROが2009年に撮影したアポロ17号の着陸地点の様子です。

d0063814_15334813.jpg

 
source:NASA

秘密の世界Ⅱへ
[PR]
by shibamatax | 2011-09-08 15:13 | | Comments(0)