excitemusic

他では見ることの出来ない大変希少な写真も多数あります。
by shibamatax
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
カテゴリ
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
最新のコメント
2010年5月に打上げら..
by shibamatax at 09:06
宇宙航空研究開発機構(J..
by shibamatax at 09:10
 オリジナルデータには、..
by shibamatax at 18:53
初めまして。 いつ..
by Tukasa-gumi at 01:58
チュリュモフ・ゲラシメン..
by shibamatax at 10:03
北極域の海氷域面積は、1..
by shibamatax at 07:25
謹啓 カニ星雲銀河は小さ..
by 岡田健一 at 13:08
謹啓 1054年の客星 ..
by 岡田健一 at 13:03
欧州宇宙機関(ESA)は..
by shibamatax at 06:14
2014年1月4日、地球..
by shibamatax at 17:50
はい、どうぞ。データの出..
by shibamatax at 13:24
初めまして。いつも読ませ..
by ks at 09:41
NASAは、アイソン彗星..
by shibamatax at 23:12
 気象庁は、台風の強さを..
by shibamatax at 13:46
出所を明示して使用してく..
by shibamatax at 22:06
こんにちは!はじめまして..
by takuya at 15:38
米雪氷データセンターなど..
by shibamatax at 13:56
隕石の破片が最も早く発見..
by shibamatax at 18:09
オオカミの話を見て、こう..
by 小学生っす★ at 11:19
2013年2月15日には..
by shibamatax at 14:05
メモ帳
"秘密の世界Ⅱ"でも他の素晴らしい画像を紹介していますので、是非こちらもご覧ください。

秘密の世界Ⅱへ


人気blogランキングへ



NTTコミュニケーションズ株式会社
るす番モニター

るす番モニターへ
「るす番モニター」はおるす番中のペットの様子を、ケータイやパソコンを使って外出先から見ることができるサービスです。ただいま申し込みでもれなくWEBカメラ+抽選でペットグッズが当たるプレゼント、またクイズに答えて沖縄旅行が当たるキャンペーン実施中です

最新のトラックバック
宇宙の神秘的な秩序
from 哲学はなぜ間違うのか?
ライフログ
検索
タグ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2010年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

おとめ座銀河団の美しい渦巻銀河NGC4216

 おとめ座銀河団に所属するNGC4216は、地球から4000万光年の距離にあり、その直径は10万光年ある巨大な渦巻銀河です。NGC4216は、我々の天の川銀河と同様に周りに矮小銀河を従えています。
 NGC4216右側にある銀河はNGC4206、左側の銀河はNGC4222で、おとめ座銀河団に所属している銀河です。
 写真下は、NGC4216のズームアップ画像です。
 画像クリックで拡大します。

 SOURCE:NASA
秘密の世界Ⅱへ

d0063814_1071568.jpg


d0063814_108414.jpg

[PR]
by shibamatax | 2010-11-28 10:08 | 宇宙・銀河 | Trackback | Comments(0)

国際宇宙ステーションから撮影した美しい地球の姿

 国際宇宙ステーション(International Space Station)(ISS)は、地球の上空約360kmの軌道を一周90分で回っています。360kmの高度から地球を見ると地球が丸いことがよく分かります。
 写真は、2010年秋にISSの船内から撮影された地球の画像です。
 写真1は、2010年10月28日に南太平洋の赤道直下にあるガラパゴス諸島の上空から撮影されたもので、ロシアのソユーズTMA-19宇宙船がISSにドッキングしている様子も見えます。
 写真2は、2010年10月28日にナイル川中流の上空から撮影されたもので、大都市カイロの街明かりや、ナイル川に沿って輝く美しい街明かり、紅海北部とシナイ半島、右上にはエルサレムの街明かりが見えます。
 写真3は、2010年10月29日にメキシコ湾北部の上空から撮影されたもので、ロシアのソユーズTMA-19宇宙船がISSにドッキングしている様子と眼下にニューオリンズやミシシッピ川河口や街道に沿った街の明かりが見えます。写真上方の一番明るい所がニューオリンズで写真下方の明るい所がヒューストンです。
 写真4は、2010年11月4日に南スペインの上空から撮影されたもので、写真左の街はスペインのバレンシア、地中海に浮かぶ島々はバレアレス諸島です。バレアレス諸島の上方の明るい所はバルセロナです。写真右端の大きな島はコルス島(コルシカ島)で、この写真では確認できませんが右下にはサルデーニア島(サルジニア島)があります。
 写真5は、2010年9月末に撮影されたもので、美しい女性はISSの船内からカーブを描く地球の水平線を見ながらくつろぐトレシー・カルドウェル・ダイソン(Tracy Caldwell Dyson)宇宙飛行士です。
 画像をクリックすると拡大します。
 なお、画像に映し出されている地球の地平線のカーブは、カメラの広角レンズの特性によって大きく強調されています。

SOURCE:NASA
秘密の世界Ⅱへ

d0063814_9212793.jpg


d0063814_9463886.jpg


d0063814_924179.jpg


d0063814_9251159.jpg


d0063814_9264290.jpg

[PR]
by shibamatax | 2010-11-21 09:26 | 地球 | Trackback | Comments(0)

彗星探査機が700kmまで近づいて撮影したハートレイ2彗星

 NASAの彗星探査機(EPOXI spacecraft)は、2010年11月4日にハートレイ2彗星(Comet hartley2)に700kmまで近づいて、ハートレイ2彗星を撮影することに成功しました。
 ハートレイ2彗星は、別名Comet 103P/Hartley という名前が付けられている長径2kmの非常に小さな彗星です。
 写真を見ると、ハートレイ2彗星は太陽の光を受けて塵やガスのジェットを出しているのが分かります。ハートレイ2彗星の中央部分が、両端部分と異なり、滑らかな表面をしているのが特徴的です。
 なお、ハートレイ2彗星の撮影に成功したEPOXI spacecraftは、2005年7月5日にテンペル1彗星(Comet Temple1)にインパクターを衝突させた彗星探査機の母船デープ・インパクト(Deep Impact)そのものです。母船デープ・インパクトは、テンペルル1彗星のミッションが終了後も太陽の周りを回り、その後、ハートレイ2彗星探査を目的としたEPOXI ミッションに入り、EPOXI spacecraftと名前を変えたのです。
 画像クリックで拡大します。

 SOURCE:NASA
秘密の世界Ⅱへ

テンペル1彗星のミッションの記事へ

d0063814_22374446.jpg


d0063814_22381489.jpg

[PR]
by shibamatax | 2010-11-10 22:38 | 彗星 | Trackback | Comments(0)

太陽の高温ガスのジェット流スピキュールの驚異の最新画像

 太陽の表面に無数に現れるパイプ状の高温ガスのジェット流であるスピキュールは、直径が約500kmあり、長さは1万kmを越すものがあります。スピキュールは、時速5万kmもの速度で太陽の磁力線に沿って太陽表面から噴出し、5~10分位で太陽の表面に戻ります。
 写真は、2010年10月に撮影されたスピキュールの最新画像で、これまでになく鮮明に捉えられています。画像では、動物の毛のようにも見える細かい1本1本が、直径が約500kmもあるスピキュールです。
 このようなスピキュールがどのようにして発生するかは未だに謎となっています。
 なお、右下の黒い部分は黒点です。
 画像クリックで拡大します。

 SOURCE:NASA
秘密の世界Ⅱへ

d0063814_1613779.jpg

[PR]
by shibamatax | 2010-11-04 16:13 | 太陽 | Trackback | Comments(0)