excitemusic

他では見ることの出来ない大変希少な写真も多数あります。
by shibamatax
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
最新のコメント
2010年5月に打上げら..
by shibamatax at 09:06
宇宙航空研究開発機構(J..
by shibamatax at 09:10
 オリジナルデータには、..
by shibamatax at 18:53
初めまして。 いつ..
by Tukasa-gumi at 01:58
チュリュモフ・ゲラシメン..
by shibamatax at 10:03
北極域の海氷域面積は、1..
by shibamatax at 07:25
謹啓 カニ星雲銀河は小さ..
by 岡田健一 at 13:08
謹啓 1054年の客星 ..
by 岡田健一 at 13:03
欧州宇宙機関(ESA)は..
by shibamatax at 06:14
2014年1月4日、地球..
by shibamatax at 17:50
はい、どうぞ。データの出..
by shibamatax at 13:24
初めまして。いつも読ませ..
by ks at 09:41
NASAは、アイソン彗星..
by shibamatax at 23:12
 気象庁は、台風の強さを..
by shibamatax at 13:46
出所を明示して使用してく..
by shibamatax at 22:06
こんにちは!はじめまして..
by takuya at 15:38
米雪氷データセンターなど..
by shibamatax at 13:56
隕石の破片が最も早く発見..
by shibamatax at 18:09
オオカミの話を見て、こう..
by 小学生っす★ at 11:19
2013年2月15日には..
by shibamatax at 14:05
メモ帳
"秘密の世界Ⅱ"でも他の素晴らしい画像を紹介していますので、是非こちらもご覧ください。

秘密の世界Ⅱへ


人気blogランキングへ



NTTコミュニケーションズ株式会社
るす番モニター

るす番モニターへ
「るす番モニター」はおるす番中のペットの様子を、ケータイやパソコンを使って外出先から見ることができるサービスです。ただいま申し込みでもれなくWEBカメラ+抽選でペットグッズが当たるプレゼント、またクイズに答えて沖縄旅行が当たるキャンペーン実施中です

最新のトラックバック
宇宙の神秘的な秩序
from 哲学はなぜ間違うのか?
ライフログ
検索
タグ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2010年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

太陽に出現した巨大なコロナホール

 太陽を紫外線で観測すると、他の場所よりも暗く写る密度の低いところがあり、これをコロナホール(coronal hole)と呼んでいます。コロナホールは、太陽から磁力線が多く出ているところで、超高速の太陽風も磁力線に沿ってここから噴き出ています。
 写真は、太陽観測衛星SDO(Solar Dynamics Observatory)によって、2010年8月下旬に捉えられた巨大なコロナホールの最新画像です。
 太陽の活動が静かなときは、コロナホールは通常太陽の両極に出現しますが、今回発見されたコロナホールは太陽の北半球の一部を大きく占めるこれまでにない巨大なものです。
 太陽の自転周期は約27日ですので、地球への太陽風の影響も27日周期で変化します。
 画像クリックで拡大します。

SOURCE:NASA,ESA
秘密の世界Ⅱへ


d0063814_16524328.jpg

[PR]
by shibamatax | 2010-08-30 16:53 | 太陽 | Trackback | Comments(0)

20億光年彼方の銀河集団Abell1689

 20億光年彼方のおとめ座の方向にある銀河集団Abell1689は、数千個の銀河を抱える巨大な銀河集団です。
 写真は、ハッブル宇宙望遠鏡が撮影したAbell1689の画像をコンピュータによる処理によって、よりクリアーに見えるようにしたものです。写真の中にある光の点のほとんどが銀河です。
 Abell1689の中心部の周りには、巨大な重力による重力レンズ効果によって、遠くの銀河がゆがんで見えたり、アーク状に曲げられた光の帯が見えます。このようなゆがみやアークが見えるのは、Abell1689の中心部には銀河団の星の質量の他に、さらに巨大な質量となるダークマター(dark matter )が存在しているためと考えられています。
 写真下は、Abell1689の中心部のズームアップです。
 写真は画像クリックで拡大します。


SOURCE:NASA
秘密の世界Ⅱへ


d0063814_1046072.jpg



d0063814_10464512.jpg

[PR]
by shibamatax | 2010-08-25 10:50 | 宇宙・銀河 | Trackback | Comments(0)

おとめ座の美しい銀河のトリオArp286

 おとめ座の方向にある美しい銀河のトリオは、地球から9000万光年の距離にあり、Arp286と呼ばれています。
 一番大きな黄色い渦巻銀河は、NGC5566で直径が15万光年もある巨大銀河です。このNGC5566の右下にある小さな青色の銀河はNGC5569です。
 NGC5566の左にあるカラフルな銀河はNGC5560で、巨大銀河NGC5566の重力の相互作用によって、その形は歪んでいます。
 写真上の左側の明るい2つの星は、我々の天の川銀河に属する恒星です。
 写真下は、Arp286のズームアップ画像です。
 画像をクリックすると拡大します。

d0063814_10545521.jpg


d0063814_10561066.jpg

[PR]
by shibamatax | 2010-08-18 10:56 | 宇宙・銀河 | Trackback | Comments(0)

土星探査機カッシーニが捉えたタイタンの砂漠

 NASAとESAによって1997年に打上げられた土星探査機カッシーニは、2004年6月に土星の周回軌道に載り、現在も観測を続けています。
 写真上は、カッシーニがレーダーを使用して撮影した土星の衛星タイタン(Titan)の赤道付近にある砂漠の画像です。
 タイタンは、太陽系の中の衛星では木製のガニメデに次いで大きく、直径は5140kmもあります。タイタンは、太陽系の衛星の中では唯一厚い大気を持ち雲に覆われ自然光では上空から地表の撮影ができないことから、レーダーが使われています。
 写真上のタイタンの砂漠は、赤道付近の強い気流によって作れれたもので、この気流はタイタンの地軸の傾きによって風の方向が西→東、東→西と変わることがわかりました。
 写真下は、アフリカ南部のナミブ砂漠で、砂丘が作る模様がタイタンの砂漠とよく似ています。
 画像クリックで拡大します。

SOURCE:NASA,ESA
秘密の世界Ⅱへ

d0063814_10401357.jpg



d0063814_10403671.jpg

[PR]
by shibamatax | 2010-08-12 10:40 | 惑星・衛星 | Trackback | Comments(0)

世界の犬のルーツ、オオカミ

 ユーラシア大陸に広く生息するタイリクオオカミは、ハイイロオオカミとも呼ばれています。タイリクオオカミの体の大きさは大型犬と同じくらいで、体長100~160cm、体重は32~60㎏くらいです。雌の体は、雄より15~20%程度小型になっています。タイリクオオカミは、生息する地域によって毛の色や大きさが異なります。なお、現存するオオカミは33の亜種に分けられています。
 オオカミは世界の犬のルーツです。オオカミの繁殖は、亜種間での交配のみならず、オオカミより小型のジャッカルやコヨーテとの交配でも子は生まれ、その子も大きくなれば繁殖能力を持っていますし、自然界においてもオオカミとジャッカル等が自然交配をする場合があります。オオカミとジャッカル(特に、アビシニアンジャッカル)の交配は過去より人為的に行われ、生まれた子をペットにしていました。世界の犬の多くは、オオカミの遺伝子だけでなく、ジャッカルまたはコヨーテの遺伝子も合わせて持っていると考えられます。
 オオカミは、ユーラシア大陸及び北アメリカ大陸に広く生息しているものの、人間による乱獲によってその生息数は激減し、絶滅危惧種に指定されています。
 写真上は、ハンガリーの動物園で飼育されているタイリクオオカミです。
 写真中は、スウェーデンで撮影された野生のタイリクオオカミです。
 写真下は、アラスカで撮影された野生のタイリクオオカミの亜種のアラスカオオカミです。
 野生のオオカミは、栄養状態が劣るために、動物園のオオカミより体が細くなっています。

SOURCE:WWF,Richard Dumoulin,Jens Hauser
秘密の世界Ⅱへ

d0063814_1585732.jpg


d0063814_1595329.jpg


d0063814_15113978.jpg

[PR]
by shibamatax | 2010-08-05 15:18 | 生物 | Trackback | Comments(3)