excitemusic

他では見ることの出来ない大変希少な写真も多数あります。
by shibamatax
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
最新のコメント
2010年5月に打上げら..
by shibamatax at 09:06
宇宙航空研究開発機構(J..
by shibamatax at 09:10
 オリジナルデータには、..
by shibamatax at 18:53
初めまして。 いつ..
by Tukasa-gumi at 01:58
チュリュモフ・ゲラシメン..
by shibamatax at 10:03
北極域の海氷域面積は、1..
by shibamatax at 07:25
謹啓 カニ星雲銀河は小さ..
by 岡田健一 at 13:08
謹啓 1054年の客星 ..
by 岡田健一 at 13:03
欧州宇宙機関(ESA)は..
by shibamatax at 06:14
2014年1月4日、地球..
by shibamatax at 17:50
はい、どうぞ。データの出..
by shibamatax at 13:24
初めまして。いつも読ませ..
by ks at 09:41
NASAは、アイソン彗星..
by shibamatax at 23:12
 気象庁は、台風の強さを..
by shibamatax at 13:46
出所を明示して使用してく..
by shibamatax at 22:06
こんにちは!はじめまして..
by takuya at 15:38
米雪氷データセンターなど..
by shibamatax at 13:56
隕石の破片が最も早く発見..
by shibamatax at 18:09
オオカミの話を見て、こう..
by 小学生っす★ at 11:19
2013年2月15日には..
by shibamatax at 14:05
メモ帳
"秘密の世界Ⅱ"でも他の素晴らしい画像を紹介していますので、是非こちらもご覧ください。

秘密の世界Ⅱへ


人気blogランキングへ



NTTコミュニケーションズ株式会社
るす番モニター

るす番モニターへ
「るす番モニター」はおるす番中のペットの様子を、ケータイやパソコンを使って外出先から見ることができるサービスです。ただいま申し込みでもれなくWEBカメラ+抽選でペットグッズが当たるプレゼント、またクイズに答えて沖縄旅行が当たるキャンペーン実施中です

最新のトラックバック
宇宙の神秘的な秩序
from 哲学はなぜ間違うのか?
ライフログ
検索
タグ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2009年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

カナダ・アルバータに出現したコロナタイプのオーロラ

 2009年7月中旬にカナダのアルバータ州でコロナタイプのオーロラが出現しました。今年は、太陽の活動がこれまでになく静かな為、オーロラの出現は予測されていませんでした。
 コロナタイプのオーロラは、カーテンタイプのオーロラよりも珍しいもので、一点から光が放射状に降り注いでいるように見えます。オーロラが主に緑色に見えるのは、超高層の電離層で電離した酸素原子が地球の磁場の中で強い太陽風によって運ばれる高速のプラズマ粒子と衝突し、大気の粒子が発光していることによります。
 画像をクリックすると拡大して見ることが出来ます。

SOURCE:NASA
秘密の世界Ⅱへ

d0063814_8104843.jpg

[PR]
by shibamatax | 2009-07-30 08:11 | 地球 | Trackback | Comments(0)

皆既日食2009.7.22

 2009年7月22日の皆既日蝕は、インド、ネパール、バングラディシュ、ミャンマー、中国、日本の南西諸島等で観測することが出来ました。
 7月は太陽が地球から最も離れている為に見かけの大きさが小さく、そして本年この日の新月は地球に近く見かけ上の直径が大きかったために、太陽と月が重なったときに金環食ではなく皆既日食になったのです。
 次の皆既日食は2010年7月11日で、主に南太平洋上で観測できます。
 なお、日本で次に皆既日食を見ることが出来るのは、26年後の2035年9月2日で、北陸や北関東で観測出来ます。
 また、金環食は3年後の2012年5月21日に東京や横浜、東海道を中心に見ることが出来ます。
 写真上は、中国重慶で撮影された皆既日食と暗くなった重慶市内の様子です。
 写真中は皆既日食時の太陽で、コロナが輝いています。
 写真下は中国、武漢市で撮影されたダイアモンドリングです。太陽のプロミネンスも写っています。
※画像をクリックすると拡大して見ることが出来ます。

SOURCE:NASA,SnjuBs
秘密の世界Ⅱへ

d0063814_1713472.jpg

d0063814_172196.jpg

d0063814_1025468.jpg

[PR]
by shibamatax | 2009-07-24 17:04 | 太陽 | Trackback | Comments(0)

人類初の月面着陸を成功させてアポロ11号の指令船に戻る着陸船

 1969年7月20日、人類初の月面着陸を成功させたアポロ11号の快挙から今年は丁度40年です。
 写真上は、月着陸を終えてアポロ11号の指令船"Columbia"にドッキングする為に月面から上昇して来た月着陸船"Eagle"を指令船から撮影したものです。月着陸船の背景になっている月面の彼方に美しく青く輝く地球も印象的です。
 写真下は、静かの海に降りた着陸船から人類は初の月への第一歩を踏み出すニール・アームストロング船長の姿をテレビカメラで捉えたビデオ画像の一コマです。
 ニール・アームストロング船長は、この後月面に第一歩を踏み出し、「That's one small step for a man, one giant leap for mankind.」(これは一人の人間にとっては小さな一歩だが、人類にとっては偉大な飛躍である。)とのあの有名な言葉を残しました。
 ※画像をクリックすると拡大して見ることが出来ます。

SOURCE:NASA
秘密の世界Ⅱへ

d0063814_8575290.jpg

d0063814_8595416.jpg

[PR]
by shibamatax | 2009-07-22 09:00 | | Trackback | Comments(1)

フェルミガンマ線宇宙望遠鏡が捉えた天の川銀河のパルサー

 米日伊などの共同で開発された宇宙ガンマ線観測衛星 (フェルミガンマ線宇宙望遠鏡)は、2008年6月11日にNASAによって打上げられました。
 写真は、フェルミガンマ線宇宙望遠鏡が、我々の天の川銀河の中に捉えたパルサーです。この調査によって新たに16個のパルサーが発見されました。
 写真の中で黄色いマークが付いているのが新たに発見されたパルサーで、赤色のマークが付いているのが既知のパルサーです。
 また、写真右側にあるCrab、Geminga、Velaは、全天で最も強いガンマ線を出しているパルサーです。
 パルサーは、太陽よりも巨大な星が超新星爆発した後に残された星の中心核が超高密度の中性子星となって高速回転している星です。
※画像クリックで拡大します。

SOURCE:NASA
秘密の世界Ⅱへ

d0063814_732922.jpg

[PR]
by shibamatax | 2009-07-13 07:32 | 宇宙・銀河 | Trackback | Comments(0)

近日点と遠日点における太陽の大きさの違い

 地球と太陽の距離は、地球の公転軌道が楕円の為に毎日変化しています。地球が最も太陽に近付くのは1月で、最も遠くなるのが7月です。
 写真の左側は、2008年1月4日に撮影された近日点の太陽で、地球からの距離は1億4709万5271kmです。
 写真の右側は、2009年7月4日に撮影された遠日点の太陽で、地球からの距離は1億5209万1174kmです。近日点と遠日点における太陽の見かけの面積は3%ほどの差です。

SOURCE:NASA
秘密の世界Ⅱへ

 
d0063814_1419116.jpg

[PR]
by shibamatax | 2009-07-03 14:19 | 太陽 | Trackback | Comments(0)