excitemusic

他では見ることの出来ない大変希少な写真も多数あります。
by shibamatax
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリ
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
最新のコメント
2010年5月に打上げら..
by shibamatax at 09:06
宇宙航空研究開発機構(J..
by shibamatax at 09:10
 オリジナルデータには、..
by shibamatax at 18:53
初めまして。 いつ..
by Tukasa-gumi at 01:58
チュリュモフ・ゲラシメン..
by shibamatax at 10:03
北極域の海氷域面積は、1..
by shibamatax at 07:25
謹啓 カニ星雲銀河は小さ..
by 岡田健一 at 13:08
謹啓 1054年の客星 ..
by 岡田健一 at 13:03
欧州宇宙機関(ESA)は..
by shibamatax at 06:14
2014年1月4日、地球..
by shibamatax at 17:50
はい、どうぞ。データの出..
by shibamatax at 13:24
初めまして。いつも読ませ..
by ks at 09:41
NASAは、アイソン彗星..
by shibamatax at 23:12
 気象庁は、台風の強さを..
by shibamatax at 13:46
出所を明示して使用してく..
by shibamatax at 22:06
こんにちは!はじめまして..
by takuya at 15:38
米雪氷データセンターなど..
by shibamatax at 13:56
隕石の破片が最も早く発見..
by shibamatax at 18:09
オオカミの話を見て、こう..
by 小学生っす★ at 11:19
2013年2月15日には..
by shibamatax at 14:05
メモ帳
"秘密の世界Ⅱ"でも他の素晴らしい画像を紹介していますので、是非こちらもご覧ください。

秘密の世界Ⅱへ


人気blogランキングへ



NTTコミュニケーションズ株式会社
るす番モニター

るす番モニターへ
「るす番モニター」はおるす番中のペットの様子を、ケータイやパソコンを使って外出先から見ることができるサービスです。ただいま申し込みでもれなくWEBカメラ+抽選でペットグッズが当たるプレゼント、またクイズに答えて沖縄旅行が当たるキャンペーン実施中です

最新のトラックバック
宇宙の神秘的な秩序
from 哲学はなぜ間違うのか?
ライフログ
検索
タグ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2008年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

土星探査機カッシーニが捉えたテティス

 これまでに土星の衛星は40個以上も発見されています。テティス(Tethys)は、5番目の大きさの衛星で直径1050km、地表の表面温度はマイナス187度の水の氷と岩で出来た衛星です。
 写真は、2008年5月に土星探査機カッシーニが捉えたテティスです。
 テティスの地殻を分断するように走っている大きな亀裂は"Ithaca Chasma"と名づけられている大地溝帯で、写真の反対側まで続いている亀裂は長さ2000㎞、最大幅100㎞以上もあります。
※画像クリックで拡大します。

source:NASA
秘密の世界Ⅱへ

d0063814_1615538.jpg

[PR]
by shibamatax | 2008-06-26 16:15 | 惑星・衛星 | Trackback | Comments(4)

最新火星探査機フェニックスが掘った火星の地面に明らかな水の氷

 NASAの最新火星探査機フェニックス(Phoenix)は、2008年5月25日に火星の北極圏に無事着陸し、順調に探査活動を継続しています。
 写真は、フェニックスが調査の為に地表を掘った後の様子を2008年6月15日と6月18日に撮影したものです。
 写真左にはSol20、写真右にはSol24と書かれていますが、これはフェニックスが火星に着陸してからの火星時間による着陸後の経過日数です。なお、火星の一日(1Sol)は地球の一日より39分長くなっています。
 Sol20の画像左下の影の部分に、大きさ2cm位の水の氷の塊が数個確認できますが、Sol24の画像では消えています。これは、火星の極めて低い気圧そして乾いた大気と太陽光線の作用によって、氷が液化せずに大気中に昇華したためと考えられています。この2枚の画像によって、火星に水の氷があることが再確認されました。

※画像クリックで拡大します。

source:NASA
秘密の世界Ⅱへ

d0063814_9114871.jpg

[PR]
by shibamatax | 2008-06-22 08:54 | 惑星・衛星 | Trackback | Comments(0)

世界に5000羽しかいないオオワシ

 オオワシ(Stellers' Sea Eagle)は、オホーツク海周辺のカムチャッカ半島、サハリン、中国北東部等に生息する大型の猛禽類です。
  成鳥のオオワシは、オスが体長88cm、体重6kg、メスの方がオスよりも大きく体長103cm、体重9kgにもなり、メスの翼開長は2.4mになります。
 オオワシは、冬期には越冬のために流氷と共に北海道に渡って来ます。オオワシは、小動物や鳥類も餌としますが、多くは魚類で特に鮭を好んで食べます。オオワシの爪は長く鋭く、握力も強いため人の腕を掴まれると、爪が腕を貫通してしまうことがあります。
 オオワシの生息数は、世界で5000羽と見積もられており、絶滅危惧種に指定されています。また、日本では、天然記念物に指定されています。
 ※画像クリックで拡大します。

source:anadaroy
秘密の世界Ⅱへ

d0063814_9361910.jpg

d0063814_9512339.jpg

[PR]
by shibamatax | 2008-06-11 09:18 | 生物 | Trackback | Comments(0)

SOHOが捉えた太陽の巨大なプロミネンス

 ESAとNASAによって1995年に打上げられた、太陽探査機SOHO(Solar and Helispheric Observatory)は、太陽と地球を結ぶ線上の地球から150万km離れているラグランジュ点で太陽を周回し、太陽の観測を行っています。
 写真は、SOHOが2000年に撮影した太陽で、写真の左下に巨大なプロミネンス(紅炎)が太陽の表面から上っています。この鉤爪形の巨大なプロミネンスは、この中に地球が数十個も入る大きさをです。
 このような複雑な形をした巨大プロミネンスは、太陽の強大な磁場と太陽の緯度によって自転速度が異なることも関係していると考えられています。
 ※画像クリックで拡大します。

source:NASA
秘密の世界Ⅱへ


d0063814_11322230.gif

[PR]
by shibamatax | 2008-06-04 11:34 | 太陽 | Trackback | Comments(0)