excitemusic

他では見ることの出来ない大変希少な写真も多数あります。
by shibamatax
ICELANDia
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
最新のコメント
2010年5月に打上げら..
by shibamatax at 09:06
宇宙航空研究開発機構(J..
by shibamatax at 09:10
 オリジナルデータには、..
by shibamatax at 18:53
初めまして。 いつ..
by Tukasa-gumi at 01:58
チュリュモフ・ゲラシメン..
by shibamatax at 10:03
北極域の海氷域面積は、1..
by shibamatax at 07:25
謹啓 カニ星雲銀河は小さ..
by 岡田健一 at 13:08
謹啓 1054年の客星 ..
by 岡田健一 at 13:03
欧州宇宙機関(ESA)は..
by shibamatax at 06:14
2014年1月4日、地球..
by shibamatax at 17:50
はい、どうぞ。データの出..
by shibamatax at 13:24
初めまして。いつも読ませ..
by ks at 09:41
NASAは、アイソン彗星..
by shibamatax at 23:12
 気象庁は、台風の強さを..
by shibamatax at 13:46
出所を明示して使用してく..
by shibamatax at 22:06
こんにちは!はじめまして..
by takuya at 15:38
米雪氷データセンターなど..
by shibamatax at 13:56
隕石の破片が最も早く発見..
by shibamatax at 18:09
オオカミの話を見て、こう..
by 小学生っす★ at 11:19
2013年2月15日には..
by shibamatax at 14:05
メモ帳
"秘密の世界Ⅱ"でも他の素晴らしい画像を紹介していますので、是非こちらもご覧ください。

秘密の世界Ⅱへ


人気blogランキングへ



NTTコミュニケーションズ株式会社
るす番モニター

るす番モニターへ
「るす番モニター」はおるす番中のペットの様子を、ケータイやパソコンを使って外出先から見ることができるサービスです。ただいま申し込みでもれなくWEBカメラ+抽選でペットグッズが当たるプレゼント、またクイズに答えて沖縄旅行が当たるキャンペーン実施中です

最新のトラックバック
宇宙の神秘的な秩序
from 哲学はなぜ間違うのか?
ライフログ
検索
タグ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2006年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

1930年に発見された彗星、再び地球に近づく

 1930年に発見されたシュヴァスマン・ヴァハマン第3彗星"Comet 73P/Schwassmann-Wachmann3"(Comet Schwassmann-Wachmann3とも呼ばれる)が、再び地球に近づいています。この彗星は、公転周期16年、核の直径1100mと見積もられている小型の彗星ですが、2006年5月中旬には、地球と月の距離の25倍くらいのところまで近づくと予測されており、肉眼で見ることが出来るとのことです。
 写真上は、チリにある口径8.2mの大口径望遠鏡(Very Large Telescope)が2006年4月23日に撮影したシュヴァスマン・ヴァハマン第3彗星で、彗星の核の一部が分裂しているのが分かります。
 写真下は、2006年4月18日にハッブル宇宙望遠鏡が撮影したより鮮明なシュヴァスマン・ヴァハマン第3彗星です。


d0063814_14491397.jpg


d0063814_9324584.jpg

SOURCE:NASA

人気blogランキングへ
[PR]
by shibamatax | 2006-04-26 14:50 | 彗星 | Trackback | Comments(2)

スピッツァー赤外線宇宙望遠鏡が捉えた"M82"

 おおぐま座の方向にある"M82"(NGC3034)は、地球から1200万光年離れた所にある非常に活発な活動をしている銀河で、棒渦巻型銀河を横から見る位置になっています。
 写真左は、可視光線で撮影された"M82"ですが、その葉巻のような姿から"Cigar Galaxy"と呼ばれています。写真右は、スピッツァー赤外線宇宙望遠鏡が捉えた"M82"で、銀河の中心部では、非常に活発に若い星の生成が行われていると考えられています。赤外線撮影によって、銀河の中心部から放出されているガスと塵が差し渡し20万光年もの大きさで広がっているのが観測されました。"M82"の活発な活動によって放出されるガスと塵の広がりの規模は、これまで観測された銀河の中でも最大のものです。"M82"の近くには"M81"という渦巻型銀河がありますが、数千万年前にこの二つの銀河がすれ違い、その影響で"M82"がこのように活発に活動する銀河になったと考えられています。"M82"は、典型的な"スターバースト銀河"と考えられています。

d0063814_8251024.jpg


SOURCE:NASA

人気blogランキングへ

[PR]
by shibamatax | 2006-04-19 08:33 | 宇宙・銀河 | Trackback | Comments(2)

いっかくじゅう座の方向にある"狐の毛皮星雲"とNGC2264

 いっかくじゅう座の方向に"S Mon"と呼ばれる明るい変光星(写真中央の明るい星)があります。この"S Mon"の下にあるのが周りの若い星の光を受けて光っている"狐の毛皮星雲"(Fox Fur Nebula)と呼ばれている散光星雲で、地球から2500光年の距離にあります。"S Mon"の左には、黒っぽい三角形が見えますが、これは"コーン星雲"と名付けられている暗黒星雲です。
 また、"S Mon"は、数十個の若い明るい星が集まっている散開星団NGC2264の一員となっております。このNGC2264は、その美しさから"クリスマスツリー"と名付けられています。
 画像クリックで拡大します。

d0063814_0211955.jpg


SOURCE:NASA

人気blogランキングへ

[PR]
by shibamatax | 2006-04-12 00:21 | 宇宙・星雲・星団 | Trackback | Comments(2)

ハッブル宇宙望遠鏡が捉えた銀河の衝突

ハッブル宇宙望遠鏡は、1996年3月に大きな渦巻き型銀河に小さな銀河が衝突した後の銀河"NGC6745"を鮮明に捉えました。
この"NGC6745"は、こと座の方向にあり、銀河の衝突によって長いくちばしを持つ鳥の頭の形に変形しています。青白く輝くくちばし部分と頭の上部分では、衝突によって星間の塵やガスが激しく活動し、新しい星が生まれていると考えられています。鳥の目に当たる明るい部分は、銀河の核です。このような銀河の衝突でも、夫々の銀河内の恒星の密度はとても低いために、恒星同士の衝突は極めて少ないとされています。因みに太陽に一番近い恒星でも約4光年も離れています。なお、衝突した小さな銀河は、画面右下の淡い光の部分に位置しています。
※画像クリックで拡大して見ることが出来ます。

d0063814_1745325.jpg

SOURCE:NASA

人気blogランキングへ

[PR]
by shibamatax | 2006-04-05 15:14 | 宇宙・銀河 | Trackback | Comments(4)