excitemusic

他では見ることの出来ない大変希少な写真も多数あります。
by shibamatax
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
最新のコメント
2010年5月に打上げら..
by shibamatax at 09:06
宇宙航空研究開発機構(J..
by shibamatax at 09:10
 オリジナルデータには、..
by shibamatax at 18:53
初めまして。 いつ..
by Tukasa-gumi at 01:58
チュリュモフ・ゲラシメン..
by shibamatax at 10:03
北極域の海氷域面積は、1..
by shibamatax at 07:25
謹啓 カニ星雲銀河は小さ..
by 岡田健一 at 13:08
謹啓 1054年の客星 ..
by 岡田健一 at 13:03
欧州宇宙機関(ESA)は..
by shibamatax at 06:14
2014年1月4日、地球..
by shibamatax at 17:50
はい、どうぞ。データの出..
by shibamatax at 13:24
初めまして。いつも読ませ..
by ks at 09:41
NASAは、アイソン彗星..
by shibamatax at 23:12
 気象庁は、台風の強さを..
by shibamatax at 13:46
出所を明示して使用してく..
by shibamatax at 22:06
こんにちは!はじめまして..
by takuya at 15:38
米雪氷データセンターなど..
by shibamatax at 13:56
隕石の破片が最も早く発見..
by shibamatax at 18:09
オオカミの話を見て、こう..
by 小学生っす★ at 11:19
2013年2月15日には..
by shibamatax at 14:05
メモ帳
"秘密の世界Ⅱ"でも他の素晴らしい画像を紹介していますので、是非こちらもご覧ください。

秘密の世界Ⅱへ


人気blogランキングへ



NTTコミュニケーションズ株式会社
るす番モニター

るす番モニターへ
「るす番モニター」はおるす番中のペットの様子を、ケータイやパソコンを使って外出先から見ることができるサービスです。ただいま申し込みでもれなくWEBカメラ+抽選でペットグッズが当たるプレゼント、またクイズに答えて沖縄旅行が当たるキャンペーン実施中です

最新のトラックバック
宇宙の神秘的な秩序
from 哲学はなぜ間違うのか?
ライフログ
検索
タグ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2005年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧

月に行った最後の人類を載せた月探査機、アポロ17号

 アポロ11号で1969年7月に人類初の月着陸を成功させたアポロ計画は、アポロ17号による月着陸が最後の任務となりました。
 写真上は、1972年12月に撮影された最後の月面活動している宇宙飛行士とルナーローバーの一部です。
 この時アポロ17号の宇宙飛行士は、過去最大の合計110kgの月の石を地球に持ち帰りました。
 写真下は、打ち上げを待つアポロ17号の雄姿です。
 アポロ17号の大きさは、全長110m、最大径10m、打ち上げ時全重量2941tという巨大さです。また、月の上空まで行った宇宙船は、司令船5810kg、機械船24520kg、下降モジュール10150kg、上昇モジュール4550kg、合計で45030kgと貨物満載の大型トラック2台分の重さがありました。45tの宇宙船を月に運ぶのに2900tもの巨大なロケットが必要だったわけです。

 なお、アポロ11号の歴史的な日は、本サイト2005年6月19日の記事で取り上げています。

d0063814_2155454.jpg

d0063814_21532478.jpg


SOURCE:NASA

人気blogランキングへ

[PR]
by shibamatax | 2005-12-26 21:56 | | Trackback | Comments(4)

1500万光年の距離にある棒渦巻型銀河"M83"

 棒渦巻型銀河"M83"は、うみへび座の尻尾のあたりにあり、太陽から1500万光年の距離にあります。
 "M83"は、我々の銀河に近いところにあるため、双眼鏡で銀河の渦を確認することが出来る数少ない銀河です。そしてこの棒渦巻型銀河の姿は、我々の所属する"天の川銀河"の姿に似ていると考えられています。この"M83"の画像は、世界最大級の8.2m望遠鏡"Very Large Telescope"(VLT)で撮影されたものです。


d0063814_10591349.jpg



SOURCE:NASA

人気blogランキングへ


http://www10.bestblogrank.zmapple.com/cgi-bin/3/rcv/tb/shiba

http://www.trackbackcenter.com/cgi-bin/receive.cgi
[PR]
by shibamatax | 2005-12-21 10:56 | 宇宙・銀河 | Trackback | Comments(2)

火星探査機"Mars Express"が撮影した火星の風食嶺(Yardangs)

 ESAの火星探査機"Mars Express"(マーズ・エキスプレス)は、2004年に火星の周回軌道から火星の風食嶺(Yardangs)を撮影しました。
 写真は、火星最大の山"オリンポス火山"の南方にある風食嶺です。
風食嶺は、その名の通り風によって運ばれた砂によって侵食されて作られた地形で、写真は約5㎞×3㎞の範囲を撮影しています。

 ※画像をクリックすると拡大して見ることが出来ます。

d0063814_10235377.jpg


SOURCE:ESA

人気blogランキングへ

[PR]
by shibamatax | 2005-12-14 10:42 | 惑星・衛星 | Trackback | Comments(2)

超巨大なブラックホールを持つクエーサー

 準星と呼ばれるクエーサーは、一般的な銀河全体と同じくらいの巨大なエネルギーを光速度で数日間から数週間くらいの大きさの範囲から放出しており、その中心部には超巨大なブラックホールが存在していると考えられています。
 写真は、チャンドラX線宇宙望遠鏡が撮影したおとめ座にあるクエーサー"3C273"で、全天で見かけの大きさが最も大きいクエーサーです。クエーサーからジェットが噴出しているのがわかります。この"3C273"は、太陽系から15億光年離れたところにあります。
 これまでに7000個を超えるクエーサーが発見されていますが、すべてのクエーサーは、太陽系から十億光年以上も離れたところにあります。クエーサーの実態については、まだ未知の世界という状況にあります。

d0063814_19545517.jpg


SOURCE:NASA

人気blogランキングへ

[PR]
by shibamatax | 2005-12-13 19:51 | 宇宙・銀河 | Trackback | Comments(2)

X線で捉えた"NGC1275"

 ペルセウス座銀河集団は、太陽から約2億5千万光年離れたところにあり、その中で最も明るく大きな銀河がペルセウスAとも呼ばれる"NGC1275"です。
 この"NGC1275"は、全宇宙の中でも最も強力なX線を出している天体としても知られており、その中心部には巨大なブラックホールがあると考えられています。"NGC1275"の直径は、10万光年と計算されています。

 写真は、チャンドラX線宇宙望遠鏡によって撮影された"NGC1275"です。


d0063814_14584459.jpg

SOURCE:NASA

http://www.trackbackcenter.com/cgi-bin/receive.cgi
[PR]
by shibamatax | 2005-12-09 14:57 | 宇宙・銀河 | Trackback | Comments(2)

地球から最も近い恒星"Proxima Centauri"

 南半球の星座"ケンタウルス座"のアルファ星は、三重連星ですが、その主星は"Alpha Centauri A"と呼ばれ我々の太陽と同じくらいの大きさ、明るさの恒星で地球から4.4光年のところにあります。
 この主星の伴星である"Proxima Centauri"(プロキシマ・ケンタウリ)は、1915年になってようやく発見された小さな赤い恒星ですが、地球からの距離は4.22光年で最も近い恒星です。(太陽以外で)
 写真中央の赤い星が、"Proxima Centauri"です。背景の星々は、我々の銀河の天の川の星達です。

 ※画像をクリックすると拡大します。
d0063814_2118513.jpg


SOURCE:NASA

人気blogランキングへ


http://www10.bestblogrank.zmapple.com/cgi-bin/3/rcv/tb/shibahttp://tb.exblog.jp/tb/148
[PR]
by shibamatax | 2005-12-04 21:18 | 宇宙・星雲・星団 | Trackback(1) | Comments(2)