excitemusic

他では見ることの出来ない大変希少な写真も多数あります。
by shibamatax
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
最新のコメント
2010年5月に打上げら..
by shibamatax at 09:06
宇宙航空研究開発機構(J..
by shibamatax at 09:10
 オリジナルデータには、..
by shibamatax at 18:53
初めまして。 いつ..
by Tukasa-gumi at 01:58
チュリュモフ・ゲラシメン..
by shibamatax at 10:03
北極域の海氷域面積は、1..
by shibamatax at 07:25
謹啓 カニ星雲銀河は小さ..
by 岡田健一 at 13:08
謹啓 1054年の客星 ..
by 岡田健一 at 13:03
欧州宇宙機関(ESA)は..
by shibamatax at 06:14
2014年1月4日、地球..
by shibamatax at 17:50
はい、どうぞ。データの出..
by shibamatax at 13:24
初めまして。いつも読ませ..
by ks at 09:41
NASAは、アイソン彗星..
by shibamatax at 23:12
 気象庁は、台風の強さを..
by shibamatax at 13:46
出所を明示して使用してく..
by shibamatax at 22:06
こんにちは!はじめまして..
by takuya at 15:38
米雪氷データセンターなど..
by shibamatax at 13:56
隕石の破片が最も早く発見..
by shibamatax at 18:09
オオカミの話を見て、こう..
by 小学生っす★ at 11:19
2013年2月15日には..
by shibamatax at 14:05
メモ帳
"秘密の世界Ⅱ"でも他の素晴らしい画像を紹介していますので、是非こちらもご覧ください。

秘密の世界Ⅱへ


人気blogランキングへ



NTTコミュニケーションズ株式会社
るす番モニター

るす番モニターへ
「るす番モニター」はおるす番中のペットの様子を、ケータイやパソコンを使って外出先から見ることができるサービスです。ただいま申し込みでもれなくWEBカメラ+抽選でペットグッズが当たるプレゼント、またクイズに答えて沖縄旅行が当たるキャンペーン実施中です

最新のトラックバック
宇宙の神秘的な秩序
from 哲学はなぜ間違うのか?
ライフログ
検索
タグ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:宇宙・銀河( 147 )

みなみのうお座のコンパクト銀河群Hickson91

 みなみのうお座の方向にあるヒクソン・コンパクト銀河群(Hickson Compact Groups)の一つであるヒクソン91(Hickson91)(HCG91)は、地球から3億2000万光年の距離にあります。HCG91は、活発な小型の銀河が数十個程集まっている銀河群です。
 ヒクソン・コンパクト銀河群は、全宇宙に100群ほどあり、一つの銀河群は50個以下の銀河が集まっている小規模の銀河群です。
 写真下は、写真上の中央部のズームアップです。
 
source:NASA


秘密の世界Ⅱへ

人気ブログランキングへ

d0063814_10501775.jpg
d0063814_10505215.jpg

[PR]
by shibamatax | 2016-03-29 10:59 | 宇宙・銀河 | Trackback | Comments(0)

キリン座の美しい渦巻銀河NGC2403

 キリン座の方向にある美しい渦巻銀河NGC2403は、地球から1000万光年の距離にあり、その大きさは直径5万光年あります。
 NGC2403の中には、多くの星の形成領域があり、新しい星が次々と作られています。NGC2403の左側に見える明るい星は、我々の天の川銀河に所属する恒星です。
 写真下は写真上の中心部のズームアップです。


d0063814_12051892.jpg

d0063814_12054350.jpg

[PR]
by shibamatax | 2016-02-20 12:06 | 宇宙・銀河 | Trackback | Comments(0)

ハッブル宇宙望遠鏡が捉えたおとめ座銀河団の楕円銀河M60と渦巻銀河NGC4647

 ハッブル宇宙望遠鏡は、おとめ座銀河団(Virgo Galaxy Cluster)の東側にある二つの銀河、楕円銀河M60(NGC4649)と渦巻銀河NGC4647を捉えました。
 M60は、地球から5400万光年の距離にあり、その直径は12万光年もあります。NGC4647は、地球から6300万光年の距離にあり、その直径は9万光年です。
 楕円銀河は、古い恒星が集まってる比較的に非活発な銀河で、渦巻銀河は、新しい星の形成領域が数多くあり、青く輝く新しい星も多い活発な銀河です。
 写真下は、NGC4647のクローズアップです。

[PR]
by shibamatax | 2016-02-01 10:40 | 宇宙・銀河 | Trackback | Comments(0)

りょうけん座第2銀河群と美しい渦巻銀河M106

 おおぐま座の南にあるりょうけん座の方向にはりょうけん座第2銀河群があります。写真は、数十個の銀河を擁するりょうけん座第2銀河群の一部です。りょうけん座第2銀河群を代表する写真中央の美しい渦巻銀河はM106(NGC4258)です。M106は、地球から2350万光年の距離にあり、その大きさは直径8万光年です。
 M106は、中心核の活動が極めて活発な典型的なセイファート銀河の一つで、M106の中心核には太陽の数百万倍以上の質量があるブラックホールが存在していると考えられています。M106の右下に見えるエッジオン銀河は、りょうけん座第2銀河群に属するNGC4217です。
 写真中は、M106のズームアップです。写真下は、NGC4217のズームアップです。

[PR]
by shibamatax | 2016-01-18 11:56 | 宇宙・銀河 | Trackback | Comments(0)

アンデス山脈から見た満天の星空と黄道光

 空気が澄んでいるアンデス山脈からは、晴天の日には満天の星空が見えます。 写真は、2015年9月上旬にアルゼンチンのコルドバ市から50kmほどのアンデス山脈にあるコルドバ大学の天文観測所(Bosque Alegre Astrophysical Station)で撮影された満天の星空です。写真中央右の地平線から立ち上がるように見える光の帯は黄道光です。黄道光は、黄道面上に存在する無数の塵に太陽光が光っているもので、黄道光の反対側に太陽があります。黄道光は、日没後の短い時間と日の出前の短い時間に観ることが出来ます。
 画像クリックで拡大します。


source:NASA
秘密の世界Ⅱへ

人気ブログランキングへ

d0063814_10264165.jpg
d0063814_10271387.jpg

[PR]
by shibamatax | 2015-09-25 10:27 | 宇宙・銀河 | Trackback | Comments(0)

かみのけ座の特異な形をした銀河NGC4725とNGC4747

 かみのけ座の方向には、二つの特異な形をした銀河があります。写真右側の大きな棒渦巻銀河NGC4725は、地球から4100光年離れています。通常の棒渦巻型銀河は、渦の腕を2本またはそれ以上持っていますがこのNGC4725は、1本しかない持っていない珍しい銀河です。
 写真左側の小さな銀河NGC4747は、NGC4725のお伴銀河と考えられており、太古にNGC4725の近くを通り、その重力の影響によって銀河の形が歪んだと考えられていいます。NGC4747は、Arp159とも呼ばれています。二つの銀河の周囲に見える明るい星々は、我々の天の川銀河に属する恒星です。
 画像クリックで拡大します。

source:NASA
秘密の世界Ⅱへ

人気ブログランキングへ


d0063814_16493450.jpg

[PR]
by shibamatax | 2015-09-04 16:49 | 宇宙・銀河 | Trackback | Comments(0)

ケンタウルス座のエッジオン銀河NGC4945

 ケンタウルス座の方向にあるエッジオン銀河NGC4945は、天の川銀河と同じくらいの大きさの渦巻銀河で、銀河の真横の姿を我々に見せてくれています。
 NGC4945は、地球からは1300万光年の距離にあり、巨大銀河としては比較的地球から近い位置にあります。NGC4945は、非常に活発な銀河でセイファート銀河(Seyfert galaxy)の一つです。
 写真をクリックすると拡大します。


SOURCE:NASA


秘密の世界Ⅱへ



人気ブログランキングへ





d0063814_17553043.jpg

[PR]
by shibamatax | 2015-05-28 17:54 | 宇宙・銀河 | Comments(0)

ハッブル宇宙望遠鏡が捉えたへびつかい座の衝突銀河NGC6240の最新画像

 へびつかい座にある銀河NGC6240は、2つの銀河が合体しつつある衝突銀河で、中心にはそれぞれの銀河の核であったと考えられる2つのブラックホールがあります。2つのブラックホールは、回転しながら徐々に近付き、数千万年後には一つの巨大なブラックホールになり、合体した銀河の核となると考えられています。NGC6240は、衝突銀河としては近くにある天体で、地球からは4億光年の距離にあり、差し渡しの大きさは15万光年あります。
 写真は、ハッブル宇宙望遠鏡による自然光による画像と近赤外線による画像を合成した最新のNGC6240の画像です。
 写真下は、写真上の中央部分のズームアップです。
 写真をクリックすると拡大します。


SOURCE:NASA,ESA,ESO,NAOJ,G.Padlioli


秘密の世界Ⅱへ



人気ブログランキングへ



d0063814_15425911.jpg
d0063814_15432064.jpg

[PR]
by shibamatax | 2015-05-21 15:38 | 宇宙・銀河 | Trackback | Comments(0)

おとめ座銀河団の中心部にあるマルカリアンの鎖

 おとめ座銀河団には2000個以上もの銀河が集まっており、その中心部は、太陽系から7000万光年程離れたところにあります。おとめ座銀河団は、我々の住む天の川銀河に最も近い銀河団です。おとめ座銀河団の中心部には、マルカリアンの鎖(Markarian's Chain)と名付けられているチェーンのように繋がっている銀河の集団があります。
 写真は、マルカリアンの鎖の中心部です。
 写真の左上の二つの銀河はマルカリアンの眼(Markarian's Eyes)と呼ばれており、左下の大きな銀河がNGC4438、右上の銀河がNGC4435です。写真中央上にある楕円銀河はM86です。写真の一番右側の楕円銀河はM84、その左下の大きな渦巻銀河はNGC4388です。
 画像クリックで拡大して見ることが出来ます。



SOURCE:NASA,ESA,ESO,NAOJ,G.Padlioli


秘密の世界Ⅱへ



人気ブログランキングへ




d0063814_649546.jpg

[PR]
by shibamatax | 2015-04-09 06:51 | 宇宙・銀河 | Trackback | Comments(0)

ろ座のセイファート銀河で渦巻銀河のNGC1097

 ろ座の渦巻銀河NGC1097は、活発な活動を見せるセイファート銀河で、ろ座の中心近くにあり地球からは4500万光年の距離にあります。NGC1097は、直径が10万光年もある巨大銀河で、中心部が非常に明るい渦巻銀河です。NGC1097の中心には巨大なブラックホールが存在すると考えられています。 写真のNGC1097の左下に見える小さな銀河は、NGC1097の伴銀河のNGC1097Aで、NGC1097の中心から42000光年離れています。NGC1097Aは、NGC1097の重力によって引き寄せられて数億年後にはNGC1097と衝突し、合体すると考えられています。 画像クリックで拡大します。



SOURCE:NASA


秘密の世界Ⅱへ



人気ブログランキングへ




d0063814_16421007.jpg


[PR]
by shibamatax | 2015-01-18 16:42 | 宇宙・銀河 | Trackback | Comments(0)