excitemusic

他では見ることの出来ない大変希少な写真も多数あります。
by shibamatax
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
最新のコメント
2010年5月に打上げら..
by shibamatax at 09:06
宇宙航空研究開発機構(J..
by shibamatax at 09:10
 オリジナルデータには、..
by shibamatax at 18:53
初めまして。 いつ..
by Tukasa-gumi at 01:58
チュリュモフ・ゲラシメン..
by shibamatax at 10:03
北極域の海氷域面積は、1..
by shibamatax at 07:25
謹啓 カニ星雲銀河は小さ..
by 岡田健一 at 13:08
謹啓 1054年の客星 ..
by 岡田健一 at 13:03
欧州宇宙機関(ESA)は..
by shibamatax at 06:14
2014年1月4日、地球..
by shibamatax at 17:50
はい、どうぞ。データの出..
by shibamatax at 13:24
初めまして。いつも読ませ..
by ks at 09:41
NASAは、アイソン彗星..
by shibamatax at 23:12
 気象庁は、台風の強さを..
by shibamatax at 13:46
出所を明示して使用してく..
by shibamatax at 22:06
こんにちは!はじめまして..
by takuya at 15:38
米雪氷データセンターなど..
by shibamatax at 13:56
隕石の破片が最も早く発見..
by shibamatax at 18:09
オオカミの話を見て、こう..
by 小学生っす★ at 11:19
2013年2月15日には..
by shibamatax at 14:05
メモ帳
"秘密の世界Ⅱ"でも他の素晴らしい画像を紹介していますので、是非こちらもご覧ください。

秘密の世界Ⅱへ


人気blogランキングへ



NTTコミュニケーションズ株式会社
るす番モニター

るす番モニターへ
「るす番モニター」はおるす番中のペットの様子を、ケータイやパソコンを使って外出先から見ることができるサービスです。ただいま申し込みでもれなくWEBカメラ+抽選でペットグッズが当たるプレゼント、またクイズに答えて沖縄旅行が当たるキャンペーン実施中です

最新のトラックバック
宇宙の神秘的な秩序
from 哲学はなぜ間違うのか?
ライフログ
検索
タグ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:宇宙・銀河( 140 )

ハッブル宇宙望遠鏡が捉えたへびつかい座の衝突銀河NGC6240の最新画像

 へびつかい座にある銀河NGC6240は、2つの銀河が合体しつつある衝突銀河で、中心にはそれぞれの銀河の核であったと考えられる2つのブラックホールがあります。2つのブラックホールは、回転しながら徐々に近付き、数千万年後には一つの巨大なブラックホールになり、合体した銀河の核となると考えられています。NGC6240は、衝突銀河としては近くにある天体で、地球からは4億光年の距離にあり、差し渡しの大きさは15万光年あります。
 写真は、ハッブル宇宙望遠鏡による自然光による画像と近赤外線による画像を合成した最新のNGC6240の画像です。
 写真下は、写真上の中央部分のズームアップです。
 写真をクリックすると拡大します。


SOURCE:NASA,ESA,ESO,NAOJ,G.Padlioli


秘密の世界Ⅱへ



人気ブログランキングへ



d0063814_15425911.jpg
d0063814_15432064.jpg

[PR]
by shibamatax | 2015-05-21 15:38 | 宇宙・銀河 | Trackback | Comments(0)

おとめ座銀河団の中心部にあるマルカリアンの鎖

 おとめ座銀河団には2000個以上もの銀河が集まっており、その中心部は、太陽系から7000万光年程離れたところにあります。おとめ座銀河団は、我々の住む天の川銀河に最も近い銀河団です。おとめ座銀河団の中心部には、マルカリアンの鎖(Markarian's Chain)と名付けられているチェーンのように繋がっている銀河の集団があります。
 写真は、マルカリアンの鎖の中心部です。
 写真の左上の二つの銀河はマルカリアンの眼(Markarian's Eyes)と呼ばれており、左下の大きな銀河がNGC4438、右上の銀河がNGC4435です。写真中央上にある楕円銀河はM86です。写真の一番右側の楕円銀河はM84、その左下の大きな渦巻銀河はNGC4388です。
 画像クリックで拡大して見ることが出来ます。



SOURCE:NASA,ESA,ESO,NAOJ,G.Padlioli


秘密の世界Ⅱへ



人気ブログランキングへ




d0063814_649546.jpg

[PR]
by shibamatax | 2015-04-09 06:51 | 宇宙・銀河 | Trackback | Comments(0)

ろ座のセイファート銀河で渦巻銀河のNGC1097

 ろ座の渦巻銀河NGC1097は、活発な活動を見せるセイファート銀河で、ろ座の中心近くにあり地球からは4500万光年の距離にあります。NGC1097は、直径が10万光年もある巨大銀河で、中心部が非常に明るい渦巻銀河です。NGC1097の中心には巨大なブラックホールが存在すると考えられています。 写真のNGC1097の左下に見える小さな銀河は、NGC1097の伴銀河のNGC1097Aで、NGC1097の中心から42000光年離れています。NGC1097Aは、NGC1097の重力によって引き寄せられて数億年後にはNGC1097と衝突し、合体すると考えられています。 画像クリックで拡大します。



SOURCE:NASA


秘密の世界Ⅱへ



人気ブログランキングへ




d0063814_16421007.jpg


[PR]
by shibamatax | 2015-01-18 16:42 | 宇宙・銀河 | Trackback | Comments(0)

ハッブル宇宙望遠鏡が捉えた最新のアンドロメダ銀河M31

 アンドロメダ銀河(M31)は、我々の天の川銀河と同じ銀河団に所属する巨大渦巻銀河で、その直径は22万光年もあります。M31は、地球から最も近くにある巨大渦巻銀河で、地球からの距離は250万光年あります。
 写真は、ハッブル宇宙望遠鏡が捉えた膨大な数のM31の画像を合成した最新でこれまでで最も鮮明なM31の一部分です。写真の撮影範囲は48000光年です。オリジナルの合成画像では、M31を構成している個々の恒星を確認することが出来ます。

SOURCE:NASA

秘密の世界Ⅱへ


人気ブログランキングへ

d0063814_17074687.jpg

[PR]
by shibamatax | 2015-01-06 16:43 | 宇宙・銀河 | Trackback | Comments(0)

アカタマ砂漠の月の谷から見た満天の星空

 チリ北部にあるアカタマ砂漠は、地球上で最も空気が澄んでいる所の一つで、美しい満天の星空が見えることで知られています。 
 写真は、標高2400mのアカタマ砂漠にある小さな町サン・ペドロ・デ・アタカマの近郊にある月の丘(Valle de la Luna)で撮影された満天の星空です。
 天の川の左の上方には、大マゼラン雲と小マゼラン雲が見えます。地平線上の明るいところは、街の灯りです。
 写真は、2014年10月18日に撮影されたものです。




SOURCE:NASA


秘密の世界Ⅱへ



人気ブログランキングへ






d0063814_1843543.jpg

[PR]
by shibamatax | 2014-12-05 18:52 | 宇宙・銀河 | Trackback | Comments(0)

口径8.2mの巨大望遠鏡が捉えたポーラー・リングを持つ銀河NGC660

 うお座の方向にある銀河NGC660は、ポーラー・リング(極リング)を持つ珍しい銀河で地球から2000万光年の距離にあります。
 一般的にポーラー・リングは、回転する銀河円盤の中心線から垂直方向にできる巨大なリングですが、NGC660のポーラー・リングは大きく傾いていることも特徴的です。NGC660のポーラー・リングの長径は5万光年あります。
 写真は、ハワイのマウナ・ケア山の山頂近くにある口径8.2mの巨大望遠鏡The Gemini North telscopeが捉えた美しいNGC660の画像です。
 画像クリックで拡大します。



SOURCE:NASA


秘密の世界Ⅱへ



人気ブログランキングへ






d0063814_9495367.jpg




[PR]
by shibamatax | 2014-11-12 09:49 | 宇宙・銀河 | Trackback | Comments(1)

竜座の方向にあるおたまじゃくし銀河(Arp188)

 竜座の方向にあるおたまじゃくし銀河(Arp188)は、地球から4億2千万光年も離れたところにあります。このおたまじゃくしの尾のように見える部分は28万光年の長さがあります。この尾は、おたまじゃくし銀河から30万光年の距離にある銀河がおたまじゃくし銀河の脇を通過したときに重力の作用によって出来たと考えられています。
 写真は、ハッブル宇宙望遠鏡が撮影した最新のおたまじゃくし銀河です。



SOURCE:ESA


秘密の世界Ⅱへ



人気ブログランキングへ






d0063814_18255722.jpg

[PR]
by shibamatax | 2014-08-26 18:26 | 宇宙・銀河 | Trackback | Comments(0)

りょうけん座の渦巻銀河M106

 りょうけん座の方向にある渦巻銀河M106(NGC4258)は、地球からの距離は2350万光年あり、直径は8万光年あります。
 写真は、光学望遠鏡で捉えたM106の画像に電波望遠鏡とX線望遠鏡で捉えた画像を合成したものです。電波望遠鏡で捉えた画像は紫色、X線望遠鏡で捉えた画像は青色で表わされており、M106の中心核から銀河のディスク面の上方に伸びています。これは、中心核にある巨大なブラックホールによる影響によってこのような高エネルギーのガスの腕が出ていると考えられています。写真の撮影範囲は、左右の差し渡しで6万光年です。
 なお、M106は、渦巻銀河と棒渦巻銀河の中間の形をしていることから、棒渦巻銀河に分類される時もあります。





SOURCE:NASA


秘密の世界Ⅱへ



人気ブログランキングへ









d0063814_16495753.jpg

[PR]
by shibamatax | 2014-07-08 16:38 | 宇宙・銀河 | Trackback | Comments(0)

チャンドラX線宇宙望遠鏡で撮影した美しい渦巻銀河M51

 NASAのチャンドラX線宇宙望遠鏡は、りょうけん座の中にある美しい渦巻銀河M51(NGC5194)を撮影しました。M51は、地球から3000万光年の距離にある大型の渦巻型銀河で、直径は12万光年あります。
 M51は、子持ち銀河とも呼ばれており、M51の左下には楕円銀河NGC5195があります。
 写真上は、チャンドラX線宇宙望遠鏡がM51を撮影した最新の画像です。M51の各所に見える明るい点はX線の放射が極めて高いところで、ブラックホールや中性子星が存在していると考えられています。
 写真下は、比較のためのもので、ハッブル宇宙望遠鏡が捉えたM51です。
 





SOURCE:NASA


秘密の世界Ⅱへ



人気ブログランキングへ





d0063814_16294021.jpg


d0063814_1638619.jpg

[PR]
by shibamatax | 2014-06-17 16:37 | 宇宙・銀河 | Trackback | Comments(0)

ハッブル宇宙望遠鏡が捉えた超最深宇宙の美しい姿

 ハッブル宇宙望遠鏡がろ座の方向に捉えた超最深宇宙の姿は、2003年から2012年にかけて撮影された2000枚の画像を合成して作成されたもので、地球から50~132億光年も離れた所にある5000個を超える銀河の姿が映し出されています。
 NASAがこのたび発表した超最深宇宙の姿は、2012年に発表されたデータに新たに紫外線で捉えられていたデータを加えて合成されたもので、さらにクリアーな超最深宇宙の姿を我々に見せてくれます。
 写真上の右下にある明るい星は、我々の天の川銀河に所属する恒星です。
 写真下は、写真上の中央部のズームアップです。





SOURCE:NASA


秘密の世界Ⅱへ



人気ブログランキングへ






d0063814_21523546.jpg


d0063814_21534443.jpg

[PR]
by shibamatax | 2014-06-08 21:54 | 宇宙・銀河 | Trackback | Comments(0)