excitemusic

他では見ることの出来ない大変希少な写真も多数あります。
by shibamatax
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
最新のコメント
2010年5月に打上げら..
by shibamatax at 09:06
宇宙航空研究開発機構(J..
by shibamatax at 09:10
 オリジナルデータには、..
by shibamatax at 18:53
初めまして。 いつ..
by Tukasa-gumi at 01:58
チュリュモフ・ゲラシメン..
by shibamatax at 10:03
北極域の海氷域面積は、1..
by shibamatax at 07:25
謹啓 カニ星雲銀河は小さ..
by 岡田健一 at 13:08
謹啓 1054年の客星 ..
by 岡田健一 at 13:03
欧州宇宙機関(ESA)は..
by shibamatax at 06:14
2014年1月4日、地球..
by shibamatax at 17:50
はい、どうぞ。データの出..
by shibamatax at 13:24
初めまして。いつも読ませ..
by ks at 09:41
NASAは、アイソン彗星..
by shibamatax at 23:12
 気象庁は、台風の強さを..
by shibamatax at 13:46
出所を明示して使用してく..
by shibamatax at 22:06
こんにちは!はじめまして..
by takuya at 15:38
米雪氷データセンターなど..
by shibamatax at 13:56
隕石の破片が最も早く発見..
by shibamatax at 18:09
オオカミの話を見て、こう..
by 小学生っす★ at 11:19
2013年2月15日には..
by shibamatax at 14:05
メモ帳
"秘密の世界Ⅱ"でも他の素晴らしい画像を紹介していますので、是非こちらもご覧ください。

秘密の世界Ⅱへ


人気blogランキングへ



NTTコミュニケーションズ株式会社
るす番モニター

るす番モニターへ
「るす番モニター」はおるす番中のペットの様子を、ケータイやパソコンを使って外出先から見ることができるサービスです。ただいま申し込みでもれなくWEBカメラ+抽選でペットグッズが当たるプレゼント、またクイズに答えて沖縄旅行が当たるキャンペーン実施中です

最新のトラックバック
宇宙の神秘的な秩序
from 哲学はなぜ間違うのか?
ライフログ
検索
タグ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:惑星・衛星( 181 )

探査機ニュー・ホライズンズが捉えた冥王星の地表の様子


 2015年7月14日に冥王星に最接近したNASAの探査機ニュー・ホライズンズ(New Horizons)からは、冥王星の新しい画像が少しずつ送られてきており、NASAから順次発表されています。
 写真の左側には、ニュー・ホライズンズが2015年7月14日に撮影した冥王星のあの巨大なハートマークの左側にあるスプートニク平原(Sputnik Planum)の南側の一部の地域が写されています。
 写真の右側には、非公式にクラン・マクラ(Krun Macula)と呼ばれる山岳地帯が映し出されています。 画像クリックで拡大します。



source:NASA
秘密の世界Ⅱへ

人気ブログランキングへ


d0063814_10253475.jpg

[PR]
by shibamatax | 2016-06-20 10:27 | 惑星・衛星 | Trackback | Comments(0)

ハッブル宇宙望遠鏡が捉えた火星の最新画像

 火星の地球への最接近は、2016年5月31日にあり、火星は地球に7528万kmまで近付きます。火星の地球への最接近は約780日毎に廻ってきますが、これほど近付くのは2005年11月20日の最接近以来です。 写真は、ハッブル宇宙望遠鏡が2016年5月12日に捉えたもので、この時地球と火星の距離は8046万kmでした。2016年5月22日には、太陽、地球、火星が一直線に並びました。


 source:NASA
秘密の世界Ⅱへ


人気ブログランキングへ

d0063814_17362651.jpg
d0063814_17370091.jpg

[PR]
by shibamatax | 2016-05-31 17:37 | 惑星・衛星

火星探査機マーズ・グローバル・サーベイヤーが捉えた奇妙なクレーター

 NASAによって1996年11月7日に打上げられた火星探査機マーズ・グローバル・サーベイヤー(Mars Global Surveyor)は、1997年9月11日に火星の周回軌道に載り、2006年11月2日までの間に約20万枚の火星の写真を撮りました。
 写真は、マーズ・グローバル・サーベイヤーが捉えた火星の直径461kmもある巨大なスキアパレリ・クレーター(Schiaparelli Crater)内の底面の北部にある直径2.3kmの小型クレーターです。
 この小型クレーターの底面には、他のクレーターには見られない同心円状の数多くの風紋が写し出されています。
 この同心円状の風紋は、太古にクレーター内に溜まっていた水が、段階的に水位を下げ風の作用も相まってこのような風紋状の模様を残したものと考えられています。 写真中は、写真上の右側部分のズームアップ画像です。
 写真下は、南緯2.5度、東経16.5度に位置するスキアパレリ・クレーターです。
 

[PR]
by shibamatax | 2016-05-16 15:07 | 惑星・衛星 | Trackback | Comments(0)

探査機ニュー・ホライズンズが捉えた冥王星の北半球の神秘的な姿

 NASAの探査機ニュー・ホライズンズ(New Horizons)は、2015年7月14日に冥王星に最接近した時に、冥王星の北半球を鮮明に捉えました。
 写真は冥王星の北半球で、色は地表の色の変化を分かりやすくするために、エンハンスドカラーになっています。写真に映し出されているところは、ローウエル地区(Lowell Regio)と仮称が付けられています。ニュー・ホライズンズの探査によって、冥王星の北半球の地表は、窒素とメタンの氷の覆われていることが分かりました。冥王星の北極点は、写真の中央左付近にあります。
 写真下は、写真上の中心部のクローズアップです。

SOURCE:NASA

秘密の世界Ⅱへ


人気ブログランキングへ

d0063814_12474904.jpg
d0063814_12481116.jpg

[PR]
by shibamatax | 2016-03-01 12:54 | 惑星・衛星 | Trackback | Comments(0)

火星の赤道近くのクレーターの中にある不思議な爪痕状の白い地表

 火星の赤道付近は多くのクレーターがあります。写真1は、南緯8.0度、東経25.1度の地点にある直径90kmのクレーターで、ESAの火星探査機マーズ・エクスプレス(Mars Eapress)が、2004年12月25日に撮影した画像です。クレーターの中に不思議な形をした白い地表が見えます。
 写真2は、NASAの火星探査機マーズオデッセイ(Mars Odyssey)が、2004年6月2日に撮影したものです。
 写真3は、写真2の白い爪のような地域のズームアップです。
 写真4は、マーズ・エクスプレスが撮影した白い爪のような地域の複数枚の画像を合成、解析して3D化したものです。この不思議な白い爪のような地表構造は、炭酸ガスや水の氷ではなく火山活動が影響したのではないかと考えられています。


source:ESA,NASA

秘密の世界Ⅱへ

人気ブログランキングへ


d0063814_10344283.jpg
d0063814_10341234.jpg
d0063814_10515078.jpg
d0063814_10521022.jpg

[PR]
by shibamatax | 2016-02-16 10:49 | 惑星・衛星 | Comments(0)

惑星探査機ドーンが捉えた準惑星ケレスの神秘的な姿

 NASAの惑星探査機ドーン(Dawn)は、火星と木星の軌道の間にある小惑星帯の準惑星ケレス(Ceres)の神秘的な姿を2015年5月4日に周回軌道から撮影した。
 写真上は、その時のものでドーンはケレスの上空13,642kmの距離から撮影しました。ケレスの長径は959kmあります。
 写真下は、ドーンがケレスの上空1,470kmの所から、2015年8月19日に撮影したもので、ケレスの南半球にある輝く山の斜面が特徴的な高さ6kmの山を捉えたものです。
 画像クリックで拡大します。

source:NASA
秘密の世界Ⅱへ

人気ブログランキングへ

d0063814_15154432.jpg
d0063814_15160855.jpg

[PR]
by shibamatax | 2016-02-08 15:16 | 惑星・衛星 | Trackback | Comments(0)

火星探査車キュリオシティが撮影した自画像と火星の最新画像

 NASAの火星探査車キュリオシティ(Curiosity)は、火星のシャープ山(Mount Sharp)の麓に着陸して以来、2016年1月19日に探査活動を始めてから1228Solsを迎えました。(1Solは火星の1日を表す単位です。なお、火星の日は地球時間の24時間39分35秒で、地球の1日に近いです。火星の1年は686Solsです。) 写真は、シャープ山の北西の麓に広がるバグノルド砂丘群(Bagnold Dunes)の中のナミブ砂丘(Namib Dune)と名付けられた砂丘の近くからキュリオシティが撮影した火星の地表の360度のパノラマ画像と自画像です。写真はキュリオシティのアームにつけられたカメラを使って撮影された57枚の画像を合成して作成されています。
 写真下は、写真上のキュリオシティの下にある車輪の一部と周辺の火星の地表のクローズアップです。
 画像クリックで写真は拡大します。

source:NASA
秘密の世界Ⅱへ

人気ブログランキングへ

d0063814_13143320.jpg
d0063814_13152949.jpg

[PR]
by shibamatax | 2016-02-04 13:18 | 惑星・衛星 | Trackback | Comments(0)

惑星探査機ドーンがななめ上空から捉えた準惑星ケレスのオケーター・クレーター

 NASAの惑星探査機ドーン(Dawn)は、火星と木星の軌道の間にある小惑星帯の準惑星ケレス(Ceres)の地表にある不思議な白い点を持つオケーター・クレーター(Occator Crater)をななめ上空から捉えました。2015年3月にケレスの地表に不思議な白い点が発見されてから、これまでに130か所以上でこのような不思議な白い点が発見されています。
 写真のオケーター・クレーターは直径90kmもある大きなクレーターで、不思議な白い点の大きさも最大級です。
 これまで白い点は、水か二酸化炭素等の氷が太陽光を反射しているものと考えられていましたが、さらに硫酸マグネシウムのようなものが含まれている可能性があると指摘されています。ケレスの長径は959kmあります。
  ドーンは、2015年12月中旬にはケレスにこれまでで最も近い軌道を周回し観測を行う予定です。なお、画像は赤外線カメラと自然光で撮影された画像を合成したもので疑似カラーです。
 画像クリックで拡大します。

source:NASA
秘密の世界Ⅱへ

人気ブログランキングへ


d0063814_154104.jpg

[PR]
by shibamatax | 2015-12-12 15:39 | 惑星・衛星 | Trackback | Comments(0)

火星探査機マーズ・エクスプレスが捉えた太古に水が流れた跡

 ESAの火星探査機マーズ・エクスプレス(Mars Eapress)は、火星の南半球の赤道の近くにあるオーロラ・ケイオス(Aurorae Chaos)とガンジス・カズマ(Ganges Chasma)がある地域を2015年7月16日に詳細に撮影しました。
 写真のオーロラ・ケイオスは一部分ですが、全体では長さ710kmもある大きな窪地で、深さは周りのの大地より深いところでは4.8km程低くなっています。太古にオーロラ・ケイオスやガンジス・カズマを流れた水は、北半球にある太陽系で最大のマリネリス渓谷(Valles Marineris)に流れ込んだと考えられています。この写真が撮影された位置は、火星の南緯8度、東経320度の地点です。
 写真2は、写真1の位置を示すものです。写真3は写真1の中央左側部分のズームアップで、水の流れた跡が分かります。写真4は写真1の右上部分のズームアップで、こちらも水の流れた跡が分かります。


source:ESA

秘密の世界Ⅱへ

人気ブログランキングへ

d0063814_15315501.jpg
d0063814_15333222.jpg
d0063814_15321717.jpg
d0063814_15525204.jpg

[PR]
by shibamatax | 2015-12-03 15:34 | 惑星・衛星 | Trackback | Comments(2)

探査機ニュー・ホライズンズが捉えた冥王星の火山の最新画像

 2015年7月14日に冥王星に最接近したNASAの探査機ニュー・ホライズンズ(New Horizons)からは、新しい画像が少しずつ送られてきており、NASAから順次発表されています。
 写真は、ニュー・ホライズンズが2015年7月14日に撮影した冥王星の火山の姿で、あの巨大なハートマークの左側にあるスプートニク平原(Sputnik Planum)の南側の地域が写されています。
 写真の中央にあるのが太古には火山であったと考えられるライト山(Wright Mons)で、麓の長さは150km、幅は56kmあり、高さは4000mあります。ライト山の山頂は大きく陥没しています。火山活動があった時には、水や窒素でできた氷の噴出物が火口から吹き上げられたと考えられています。
 画像クリックで拡大します。



source:NASA
秘密の世界Ⅱへ

人気ブログランキングへ




d0063814_16375147.jpg

[PR]
by shibamatax | 2015-11-16 16:40 | 惑星・衛星 | Trackback | Comments(0)